スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェンゲン協定で
シェンゲン協定って知ってます?この協定を使用している国には合計3ヶ月しか居られないっていうシステムなんだけど。詳しくはwikiで。

で、南米で3回もばったり会った大阪出身野郎とブダペストで再会したんだけど、会うちょっと前から「そういえばシェンゲン協定大丈夫なんかな?」と思ってたので、会ったときに聞いてみたら、案の定知らなかった。で、日数を数えてみたらシェンゲンエリアに残り3日しか居られないという。はは。アホですな。
で、会った翌日の列車のチケットを買って、急いで隣国クロアチアに逃げてったんですが(クロアチアはシェンゲン協定国ではない)隣国がシェンゲンエリアじゃないからこんな芸当が出来るってもんで。居たのがブダペストじゃなくて北ドイツ辺りだったら、2日くらい移動に使うか、飛行機使うかってところでしょ。運の良い人ですね。
で、彼はシェンゲン協定国で旅行してないのがスロベニアとイタリアとギリシャだけらしいんだけど、スロベニアは明日アタシ達と待ち合わせして、レンタカーで廻る予定で、イタリア・ギリシャはアフリカを廻った後にするらしいです。アタシ達はこんなことにならぬよう、十分気をつけて旅します。

でもシェンゲン協定を守らなかったらどんな罰があるのか、あまりはっきりして無くて、最後に出国する国がフランスだったりドイツだったりすると、相当厳しい罰則があるらしいということしかわかってない。だから試しに彼にシェンゲン協定のことは教えずに、イタリア辺りの罰則はどんなもんか実際に確認してきてもらえばよかったかなぁと、ちょびっと思った訳なんですが、罰金が50万くらいになったり禁固1年になることもあるらしいから(もちろん未確認情報)そんな極悪非道なことは止めときました。

そんなことがあったから、再会したのにもかかわらず、ネットの出来るカフェでシェンゲン協定のことを調べたりしてて、やったことと言えば温泉に入っただけ。

でも温泉はなかなか良かった。チェスの出来る温泉で有名なところで、屋外の温泉はぬるめだけど屋内に入ったら1つだけ日本の温泉と同じくらいの湯温のところがあって、かなり暖まった。でもお値段が日本円で1400円もするから、やっぱ温泉入るなら日本かな。温泉って言っても混浴だから水着着用だし。

昨日はなんとかブダペスト名物のくさり橋を見に行ってきました。まー、うーん、どうなんですかね。特に感動をするほどのものじゃなかったけど。こんなもんしか名物がないって、ブダペスト可哀想。

これ、くさり橋。ぱっとせんなー。


くさり橋なんかよりは、昼に通りがかったお城でたまたま行われてた収穫祭(多分)のほうがよっぽど楽しかった。

踊ったりする人がいて。


民芸品も売ってたりして。


パン有りワイン有りリンゴ有りで、ダンナはバクバク食べてアタシはゴクゴク飲んで。ブダペストの思い出は無料試食と無料試飲。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。