スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブレッド湖でのんびり休息
ブレッドの町はリュブリャーナからバスか電車で1時間ちょっとの小さな保養地。ブレッド湖一周は歩いても3時間で廻れるらしい。うちは借りた自転車でのんびりと一周。自転車だと1~1.5時間くらいかな。
一周しながらブレッド湖の中にある小島の写真を撮ったり(ボートで行って入場すると1泊分と同じ金額なので行かない)ブレッド城を撮ったり(またも崖の上に)栗拾いしたり(食べれないと聞いたから捨てた)ほーんと、のーんびりしてます。

ブレッド湖の中の小島


ブレッド城


移動が続いてたときは観光もバシバシしてたから、キッチン付きの宿に泊まっても時間がなくて、なかなかちゃんとした物は作れなかったけど、ここでは久しぶりにちゃんとした物が作れる。ヨーロッパに入ってからハムチーズサンドばっかり食べて、げっそりしてきたダンナにちゃんとした物を食べさせてあげなくては、と1日目はリクエストに応えてカレーとサラダを(と言っても、アタシは他事に忙しくてダンナが作った)。最近は野菜は丸かじりだったから、ちゃんとサラダを作れるだけでも嬉しい。他人が居ないからゆっくりキッチンが使えて、ご飯炊けるし色々作れて嬉しい。

ブレッドの町は小さい町だから観光には1日あれば十分なんだけど、その分長居しても落ち着いてられる。3泊もするから40キロくらいでるソリに乗りたかったんだけど、夏がメインのアトラクションらしく、9月10月は土日しかやってない。すごい乗りたかったのに残念・・。だから看板の写真だけでも。

これこれ。すごい楽しそう。


ブレッド湖の後は、オーストリアのザルツブルグから1.5時間ほどのところにあるハルシュタットという、これまた湖の町へ。ヨーロッパでは洞窟と湖がえらく続いてます。
スポンサーサイト
スロベニア・クロアチア 1泊2日レンタカーの旅 2日目
2日目はクロアチアの世界遺産の一つ、プリトヴィッツェ湖群国立公園へ。同行の大阪人はここには絶対来たいと思ってたらしいが、到着するまでそれがここだとは気がついてなかった。どこに行くつもりだったんだろ。
ハンガリーまでは毎日ほぼ雨か曇りだったけど、1日目もなかなかよい天気で、2日目は快晴!プリトヴィッツェは晴れてないと意味がないようなところなので、晴れて良かったー!
湖群と言うくらいだから、湖がたーくさん。

魚いっぱい。


小滝。


水があんまりにも青いから、中国の九寨溝に行かなくて良いんじゃない?(ダンナがかなり行きたがってる)って言ったら、それはそれだから駄目だって。1つで済むと思ったのに、残念ね。
はじめは2~3時間コースで行く予定だったのに、あんまりにも気持ちの良い場所だったから、結局7時間も居てしまった。行くなら朝からお弁当もって、ゆっくりしましょう。

その後、クロアチアを南下する大阪人と別れ、オーストリア国境寄りの湖の町ブレッドへ。帰りはダンナが気が抜けたらしく「ちょっと寝ていい?」と言うので、アタシが初めての海外運転。やっぱり右よりに走るらしいけど、右マニュアルも全然難しくないし、まあ大丈夫だった。一番駄目なのは走る側が変わることだと思う。右折と左折がなけりゃ(絶対あるけど)それほど難しいことはない。ロータリー形式の交差点?も問題なかった。
迷ったときも、正しい道になった後も山道でだったから結構疲れた。でも体力が持てば、ダンナが運転してアタシがナビをした方がいい。アタシは視力が優れてるから、結構前方から看板が見えて、ナビるにはなかなか重宝されるのだ。

迷いつつも同日中にブレッド湖へ到着。噂には聞いてたけど真っ暗。今日こそは宿へ!と思ってやってきたので、何とかチェックイン出来て良かった。値段もリュブリャーナのドミと同じなのに、キッチン・リビング・ベッドルーム!ブレッド湖からはちょっと遠いけど、自転車も貸してくれるし(町のレンタサイクルは1~2時間で3ユーロ以上)ネコの大家族が居るし(みんな逃げるけど)あんまりにも素敵な宿で3泊することに。ここまでかなりのスピードで来たし、ドイツに入ったらまた移動続きだから、たまにはゆっくりします。

ネコ家族。
スロベニア・クロアチア 1泊2日レンタカーの旅 1日目
初めての左ハンドル右マニュアル右側走行で、スロベニアとクロアチアを走り抜けました!疲れたけど、バシバシ観光出来て充実!満足!

1日目はクロアチアのザグレブに逃げていた大阪人と(後でわかったんだけど、実はまだ1週間ほど余裕があったから逃げなくてよかった)レンタカー屋の前で合流して、スロベニアの鍾乳洞群へ。

1つめはポストイナ鍾乳洞。
ここは8年前の一人旅の時にトロッコが楽しいと聞いていて、すごく来たかったのに来られなかった場所。今回は絶対行くぞと心に決め、目的達成。8年前に真っ暗な中ジェットコースターに乗ってるみたいな感じと聞いてたんだけど、そんなに速くない。でも速くなくても洞窟のギザギザが刺さりそうで十分スリル満点で、速かったら多分ぶつかって死ぬ(笑)
鍾乳洞内はポーランドのヴィエリチカと同じくツアーを組んで廻る。いろんな形の石灰石が沢山あって、とても幻想的。テーマパークやディズニーランドにありそうな感じだけど、すべてが本物で、それもとてつもない期間がかかって成形されている。すごい。



写真撮影は禁止になってるけど、みんなかまわず撮りまくるのでうちもかまわず撮りまくってた。
帰りもまたトロッコに乗る。行き帰りの2便乗れる。超楽しいけど、結構寒いので要上着。

2つめはポストイナ鍾乳洞から9km先にある洞窟城。



ここに来るにはタクシーしかないらしくて金額も嵩みそうだったから、今回レンタカーを借りることに。そう、この洞窟城を見るために借りたんだった。
断崖に寄り添うように建つ洞窟城。そういえば中国で断崖に寄り添うように建つ寺に行ったけど、あそこほど危険な感じはしないけど、なかなかすごい。城内も意外に広くて、一番上は洞窟のまんま。その上もあるんだけど、入れないようになってた。2階辺りから牢屋が見られるんだけど、そこもまんまで、床は土。こんなところに繋がれたらどんな気分になるんだろ。嫌だ。

3つめは世界遺産のシュコツィヤン鍾乳洞。
ここもツアーで入る。ヨーロッパの観光名所になってる洞窟はツアーじゃないと入れないのかも。ここも写真撮影は禁止で、今度はちゃんとみんな守ってた。世界遺産かそうじゃないかの違いか。
ここはチケット売り場から一般道を横切って、洞窟の入り口まで10分ほど歩いてかないと行けない。多分世界遺産だから、近くに駐車場も作れないのかも。
ツアーのはじめのうちは、雰囲気等ポストイナとあまり変わりなく来て間違いだったかも・・と3人とも思ってたんだけど、途中からシュコツィヤンでしか味わえない雰囲気のところに来たので、こっちはこっちで来て良かった、と3人ともほっとした気持ちになった。



より感動したいなら、シュコツィヤン鍾乳洞を先に見て、後でポストイナ鍾乳洞に行く方が良いと思う。トロッコがあるかないかで印象が全然違う。トロッコがあるからポストイナは世界遺産になれないんだろうけど、アタシは(多分大抵の人が)ポストイナの方が好きだ。

その後はアドリア海を見れる一番近い街Koperへ。たいした町じゃないけど(首都自体が全くたいしたことない町だし)海に沈む夕日を眺めながら3人でケバブとピザを食べた。お昼がリンゴ1個だったからすごい美味しく感じた。



そして国境へ。レンタカーでの国境越えは車の中からパスポートを渡してスタンプ押してもらっておしまい。素晴らしく簡単。
クロアチア側のRijekaというそこそこ大きそうな町で宿を取ろうと思ったら、ホテルは何軒かあるけどホステルが1件しかなかったから先へ進み、力尽きたキャンプ場で車の中で就寝。寒くて全然うまく寝られなかった・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。