スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オランダ・イギリス弾丸ツアー イギリス編
弾丸ツアー後半です。

3日目。
深夜バスでの移動中、早朝にドーバー海峡を渡るためにバスごと船に。船内はなかなか綺麗でWiFiまである。イングリッシュブレックファストが5ユーロで高かったけど、ビュッフェでソーセージ以外はどれだけ食べてもいいらしく、元が取れるくらい食べておいた。美味しかったけど、最後に船の振動で酔う。吐かなくてすんだけどしんどかった。

到着はロンドン時間9:00にヴィクトリアコーチ駅。予定より1時間遅いけど、その分ゆっくり寝られたのでよし。荷物を駅に預けようかと思って行ってみたら、1個約7ポンド!なんだそれー!2個預けたら2500円だよ!!仕方ないからチェックインは出来ないけれど、予約しといた宿に向かう。オイスターカードを買ったり交通機関を探したりと、色々時間がかかった。宿ではすんなり、もちろん無料で荷物を預かってくれた。

天気が良かったのでウォータールー駅へ。何しにオランダとベルギーの予定を短くして、無理矢理イギリスに来たかというと、あのストーンヘンジを見に来たのだ。
駅でストーンヘンジの拠点の町ソールズベリー行きの切符を買おうとしたら・・なんすか、この値段。見間違い?押し間違い?ダンナがびっくりして、何かの間違いだろうとinfoに聞きに行ったけど変わらず。すんごい高いんです。片道でも往復でも27ポンド(オフピークタイム割)。5000円ですよ。たった1時間ちょっとしか乗らないのに。早割とかあったのかな?でも天気が良い日に行きたかったから、先に切符買うわけにはいかなかったし。
こんなに高くても、このためにイギリスに来たんだから行かないわけには行きません。

行ってきました!ストーンヘンジです!!

あこがれのストーンヘンジ


逆行から


まー、遺跡としては大したことないんだろうけど、なんか惹かれるストーンヘンジ。高い交通費がかかったけど、大満足。しかし寒かった。

ストーンヘンジに行くのには、この時期ツアーバスが2本しか出てないようで、アタシ達はそんなこととは知らず、適当に昼過ぎの電車に乗って、到着後何時か聞いたら、最後のバスが40分後に発車するところだった。もしも40分遅れて到着してたら・・。あんな高い電車に乗ったんだから、この際タクシーで行ったかも。でも乗れてほーーんっとよかったー。
お腹もぺこぺこだったし、観光もしたいし、バスの発車するまでの40分間にすごい早足で観光しながら、ダンナ希望のフィッシュ&チップ(これまた高い!)を買ってバスに乗り込んだわけです。

拠点の町ソールズベリー。なかなか可愛い町。


ロンドンに戻り、せっかく近くにいるんだからと、疲れた体に鞭を打ち、ビッグベンを見に。すっごい綺麗!こーいう景色はブダペスト・プラハなどなどで散々見てきたけど、すごさの桁が違うね。先進国ってすごいわ。

夜のビッグベン。


4日目。
早朝から観光等を予定してたけど、さすがに寝坊した。それにネットで色々と調べなくてはいけないこともあって、宿を出たのが10:30。
ダンナのシャツが破れてきたので(旅に出るといろんなモノが壊れていきます)新しいのを買いにユニクロに行ったけどイマイチ。だからその近くにあったGAPで購入。それにしてもロンドンのユニクロは閑散としてますね。大丈夫なのかしら。

その後は歩いてバッキンガム宮殿へ。ダンナがどうしても兵隊さんが見たいと言ったので。やっぱりロンドンに来たら兵隊さんを見ておくべきですね。

この人たちも観光名所になるのか?


バッキンガム宮殿のそばにある公園の芝生で昼食。ロンドンって都会のくせに、野リスがいるんだよー。知らなかった。それもいーーーっぱい居て、ちょっと近づいても逃げないけど、追いかけるとすっごい勢いで逃げるの。可愛いーー。

立って木の実を食べるリス


その後は世界最大の博物館、大英博物館。ロンドンの博物館や美術館って大抵無料なんですね。素晴らしい。それにしても大英博物館でかいわ。やっぱり朝から観光するべきだった。大英博物館には14:00から閉館の17:30までみっちり居たけど、地下にあるアフリカほかの展示物を忘れていて、見ることが出来なかった。今後一番行かなさそうな地域のを見忘れるなんて、なんて間抜けた夫婦なんでしょう・・。

猿です。


そんなこんなで、ブリュッセル行きのバスに乗り遅れそうなくらいギリギリまで観光。

4日間の弾丸ツアー、勿体ない感じもするけど短い分最大限に動くため、かなり充実!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。