スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅グッズ評価 「楽っぱ」
泳げるサンダルってキャッチフレーズなのに・・。
このワンコはブラジルっ子。


「泳げるサンダル 楽っぱ」。海に行ってはギザギザ石やウニを踏んでは傷だらけになるアタシ。次の旅行には絶対履いたまま泳げるサンダルを持っていくんだ!と心に決めていた。

そんな時見つけたのよ、この「楽っぱ」を。価格はお手ごろな1080円(税抜き)。ダイビングスーツと同じ素材を使用らしく、水に浮くほど軽く出来ている。履き心地も悪くないし、こりゃぁいいと思って即買い。

これ、長距離バスとか飛行機の中とかで、すっごい重宝してます。裸足だと足が汚れちゃうし、ただのスリッパだと脱げちゃうし、靴だと重いし臭い・・。でも「楽っぱ」は全然履いてる感がなくて、本当に楽なのだ。丸めて小さくすれば邪魔にならないし、移動時には本当にお勧めなのだ。

ところが。
この「楽っぱ」を装着して海に入ると・・脱げます(怒)。水を含んでゆるくなっちゃうから、脱げてプカプカと海を漂い始めます。波が来ないうちに救出して難を逃れたけど・・。

肝心なところで使えないやつだ。
移動用としてのサイズと泳ぎ用としてのサイズが同じだと駄目ってことですな。移動用としてだけだから半分しか用をなしてないってことで、価格も半額にしなさいよ。
スポンサーサイト
旅グッズ評価 ガイドブック
アタシはもっぱらコレ、「地球の歩き方」!(やっぱりたまに地球の迷い方になるけども)
次回はふるーい、この2冊。


当たり前でしょう、と言われるかもしれない。けれどもアタシには当たり前でなかったコレ、ガイドブック。ガイドブックでその国その都市の歴史なんかを知ったりすると、行く予定じゃなかったところまで行ってみたくなるものだ。

初めて一人旅に出たとき、一応ガイドブックを買っていったんだけど、かの国(トルコ)がイヤになって、一週間で「もう無理!」とばかりにポルトガル~ギリシャの地中海沿岸旅行に飛び立った。そのためトルコのガイドブックは無駄になり、ヨーロッパのガイドブックは持っておらず。
(英語のガイドブックは買わない。だって英語苦手なんだもん。それに写真が少ないから見てても行きたいと思う場所が見つからない。)

初めてだったから旅に出るまでネットカフェの存在を知らなかったし、知ったあとでもフリーメールとか使ってなかったのもあって、そのときの旅行では一切ネットカフェに立ち入らなかった。かなりのアナログ旅行。だから余計ガイドブックがなくて本当に本当に困った。道に迷うのはもちろん、寒い寒いイタリア・ジェノバで宿に泊まれなかったことだって・・(野宿)。

2度目の一人旅は長距離にわたる予定だったし、行くところもあんまり決めてなかったからはじめから持っていかなかった。そしたら2箇所目の宿泊地・北京で安宿がなかなか見当たらず4時間くらい捜し歩いた。それでも希望していた金額の4倍くらいのところしか見つけられなかった・・。

それからは、さすがに最初の一カ国目だけは持っていくようにしている。ガイドブックって高いけど、金額以外の情報はほぼ変わらないので、最新版ではなく5~6年前の相当安くなっている中古を買って。それで十分事足りる。それ以降は安宿で交換したりして手に入るので持っていかない。

ほんっと、ガイドブックって便利よね~。なくてもいいけど、ないと行き損ねちゃうところが出てくるから、やっぱり持っていくべし。

でもガイドブックもなくてネットでの情報収集もせずに、シンガポールエアの機内誌から破って持ってきた路線図だけを頼りに旅をしていたころは、しんどかったけどそれはそれで楽しかった。そういう旅だったからこそ思い出がいっぱい。


旅グッズ評価 オペラグラス
ビッ○カメラで2500円程度。軽いし、よく出来やつ。


これまでの旅行には持ってってなかったけど、今回初めて旅にオペラグラスを持ってきてみた。
これは劇団四季のミュージカル用に買ったものなので、そんなに使えないかなぁと思ってたんだけど、意外や意外、結構遠くまで見える。

離れた所にいる動物や、遺跡の詳細、遠くの文字の確認など色々使えてとっても便利。
旦那がカメラを担当しているからアタシは写真を撮る必要が無く、旦那がパシャパシャ撮りまくっている隣でのんびりじっくり観察。
かなり使えてます!3000円前後のもので十分なので観光に出かけるなら是非1つ買っていきましょう。でもオペラグラスを使っていると、よく「貸してくれ」と言われてちょっと面倒。ま、大抵すぐに返してもらえるので貸してあげるけどね。
旅グッズ評価 「havaianas(アバイアナス)」
ブラジルではみんながみんな「havaianas」



日本から鼻緒が布製のサンダルを持ってきたんだけど、サルバドールの石畳の急な坂で鼻緒が切れてぶっ壊れた。それも二人とも!だから仕方なくブラジル産サンダルを新しく買ったのが「havaianas」というサンダルで、1足R$7(約420円)。

日本から持ってきたサンダルでは、雨が降ってるときに思いっきり滑ってこけたんだけど「havaianas」は違う!全く滑らないの~。ツルルツルした坂道でも全然OKでびっくりだった~。

日本ではハワイアナスっていう名前で売ってるらしいから(ハバイアナスならまだわかるけど何故ハワイアナス?)少し高いけどビーサン買うなら、滑って転ぶことがない「havaianas」が絶対お薦め!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。