スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりベネチア!
イタリアの締めはやっぱりベネチアですよ!9年前は一人で来て寂しい思いをしたもんですが、今回はダンナ付き。やっぱベネチアはカップルが楽しいです!

1日目はベネチア本島を当てもなくグルグルと散策。サンマルコ広場に出ようとしても迷ってなかなかたどり着けず。たどり着いた頃にはヘトヘト。でもそれはそれで色々廻れて楽しかったりするのだ。
ゴンドラに乗りたかったけど、あんまりにも高い値段を言うから断念。前回乗ったから今回はパス。

黄昏のゴンドラ


お土産物屋を巡るのも楽しい。ベネチアに着いたときは「ベネチアに来たんだから仮面でしょうよ~!」と騒いでたけど、最後にやっぱりいらなくなって買わずじまい。猫仮面がちょっとほしかったんだけど荷物になるからねぇ。
変わりに形を自由に変えられるおもちゃを購入。実はブラジルで買ったことあるんだけど、そいつが壊れたから二代目なのだ。マンゴー君と命名。

おじさん風マンゴー君


2日目はベネチア本島をはずれ、12時間有効の水上バスチケットを買ってムラーノ島とブラーノ島へ。

ベネチアングラスはイタリアでは「ムラーノグラス」と言うんだって。そう、ムラーノ島はベネチアングラスで有名な島。
そのムラーノ島は観光客でいっぱいの本島とは違って静かで落ち着く感じの町。そんな静かな島でもやっぱりお土産屋さんが軒を連ねてる。景色はそれほど本島と変わらない。グラスは本場のムラーノ島で買うべきかなーと思ったけど、本島にも同じのが売ってるし、本島よりも値段が高いみたいだったから買わなかった。
でも本島にはないような変わったグラスはここで買った方がいいのかも。でもそういうヤツはお値段もかなりの物なので、アタシらには手が出なかった。

グラスで出来たそろばん!西洋でそろばん!


1時間ほどでムラーノ島を後にしてブラーノ島へ。
ブラーノ島は編み物や刺繍で有名な島。こちらもムラーノ島と同じく静かな感じの町でお土産屋さんが軒を連ね・・。町並みはとっても色鮮やか。

まるでおもちゃの家みたい


こんな可愛い編み物で有名な島で、グラス製品をいくつか買ってしまった。なんでだろ・・。ちなみにグラス製品のお値段はムラーノ島より安くて本島と同じくらい。
ここの島の町は小さめだから散策に1時間もなくても十分だったんだけど、1時間おきにしかバスがない。あっという間に散策が終わって、バス停でぼーっとしてたらここにも猫たちが。相変わらず島には猫が多い。

3日目は、待ちに待った10日間クルージングの初日!そう、11月22日から10日間のクルージングに出発するのです!
出発時はベネチア滞在時には行けなかった大運河を通り、クルーズ船の上から眺められて感動~。水上バスからの眺めとは比べものにならんだろうな~。

町の向こうの方まで見渡せる


でも早速・・マフラー無くした・・。お気に入りだったのに。くすん。
カードID(部屋の鍵+金庫の鍵+クレジットカード機能付随)無くした・・。再発行して前のカードは無効にしてもらったけど信用出来ず、金庫の鍵としては使わないことに。
夜になってから気がついたら、石鹸箱をベネチアの宿に忘れてきた・・。
色々無くなった日です・・。珍しく落ち込みのひどい一日です。クルーズに浮かれすぎました。反省。

-----------

クルーズが終わって今はリスボンに居ます。当分はクルーズで立ち寄った町のことをブログにしたためます。
スポンサーサイト
失敗の連続in南イタリア
失敗だらけの南イタリア。久しぶりにこんなにも失敗が重なってしまった。こんな失敗はチリ・プエルトモンまでの道程以来だろうか。

どう失敗したかを順を追って説明します。

1.ナポリに延泊した
  →移動日が土曜日になってしまった
2.ターラントの駅で乗り継ぎに失敗した
  →土曜日中にアルベロベッロに行けなくなった
3.土曜にブリンディシに宿を予約してあった
  →ブリンディシに泊まる意味は全くなかった
4.ブリンディシからターラント、ターラントからアルベロベッロの乗り継ぎが悪すぎた
  (日曜はアルベロベッロ行きの電車が運休で、バスが数本あるのみ・・)
  →結局ターラント経由ではアルベロベッロに行けず
5.日曜にバーリに宿を予約してあった
  →土曜ならまだしも日曜に泊まる意味はなかった
6.バーリに荷物を置いた後もアルベロベッロへの移動手段はなかった
  →行ったとしても到着が17:00を過ぎてて日の短い今は暗闇だろう
7.月曜日のアンコーナからスプリトまでの船が予約済みだった
  →アルベロベッロのために延泊ができなかった

要するに、あれだけ行きたいと思っていたアルベロベッロへは行けませんでした!!もうひとつ行こうとしていたマテーラにも行けなかったの!最初から素直にアルベロベッロとか近くの町マルティナフランカに泊まってりゃこんなことにはならなかったのに・・。
まぁいいや。アルベロベッロの町並みはリトルワールドで何回も見てるから、それでヨシとしときます。近くて良かったリトルワールド。

で、アルベロベッロに行けなかった変わりと言っては何ですが、ただの経由地としていたバーリの町並みが結構素敵だった。バーリにこんな旧市街があるとは思いもせず。あー、地中海に居るんだわ・・と地中海ラブのアタシの心は震えてました。

港に面した通り道


とあるお宅の窓際


旧市街の教会


旧市街の町並み


すっごい観光地ではないから、すんごいいいの!っていう風ではないけど、地味~に素敵な町だった。でも旧市街はかなり小さいから泊まるほどではないし、少し危険らしいので、行くなら気を引き締めて行って下さいね。旧市街にはぽちぽちと警官は居るけど、そんなに数が多くないし。


失敗したけど、バーリで元が取れたかと思ったら。なんとアンコーナに移動する日は朝からストライキ!スト経験は今までの旅で初・・。がっかりするわー・・。でもでも!アタシ達が予約してあった列車は辛うじて走ってくれた。
神様ありがとう!アンコーナまでの切符と、スプリトまでの船の切符と、スプリトの宿代を助けてくれて、本当にありがとう!たまにはいいこと?もあるモンですな。
スプリトの宿がキッチン付きになってたのにキッチンどころか、ここは香港のチョンキンマンションか!ってくらい狭かったのは神様のちょっとしたいたずらだったんだと思います。
南米とか中国とか、ナポリはそんなところ
ナポリ3泊目。中国みたいに汚いとか文句言いながら延泊してまでナポリに滞在。でも観光したのはポンペイのみ。なんてことでしょ。
昨日は宿でゴロゴロしただけで終わってしまったから、今日は市内観光するぞと意気込んで出かけてみたけどちょうど昼食時で、ナポリ滞在中毎日通っているピザ屋に行ってしまった。ここのパスタがうまいんだー(ピザもね)。今日はふっといマカロニ食べました。ゆで具合が絶妙で、チーズの溶けたトマトソースが最高です。

美味しく昼食を取った後、宿に一旦戻って仕切り直して、再度お出かけ。なのになのに、観光なんぞせずに買い物に走ってしまったアタシ達・・。
いつもケチってばかりのアタシ達だけど、今日だけは財布の紐を(ある程度)ゆるめて久しぶりの買い物に精を出した。

今日の収穫物。
クリームファンデ(テスター購入)
ワイシャツ
ネクタイ、タイピン、カフスボタンのセット
男性用スーツ
胸リボンのカットソー
黒の短めのミニドレス
バーバーリーチェックのミニドレス
買ったものが入るくらいのコロコロケース

いやいや、お金使うってなんて楽しいんでしょ!普段は節約してケチって生活してるから買い物なんてほとんどしないけど、たまに買い物に走ると楽しくて楽しくて!
でも上記の品物を全部買っても90ユーロにもならず。イタリアやっすーーーーーい!てか、ナポリが安いのかな?ダンナのスーツなんて細身でなかなか格好良いし(日本で買うとそこそこしそう)もちろんイタリア製だし(ピンキリだろうけど中国製よりはマシ)。靴も買わなきゃ。
ダンナのスーツ以外はどれも質がよくなさそうだけど、とりあえずベネチアまでにそろえる必要があったし、やっぱりファッションの国だからか、洋服はあふれるくらい売っている。安い物がいいと思えば、多分予算内で探せるくらい値段もピンキリ。他の国だとこんな値段で上記の服は揃えられなかっただろうから、今イタリアにいることに感謝!

買った場所はこんなところ


中国チックでしょ?ナポリに来てからボリビアあたりに居るような錯覚に陥ってた。ここがヨーロッパだとは・・。でもボリビアでまともなスーツとか買えないもんね(必要ないし)。やっぱりここはヨーロッパに間違いない。

ヨーロッパに間違い・・ない?


下町だわーナポリ。てやんでい。

それはそーと、なんでスーツとかドレスとか買ったかというのはまた後日。フフ。

明日ナポリを去るのは惜しい気もするけど、明日は移動しつつアルベロベッロに行ってきます。
美味しい生活
ナポリです。
ナポリと言えば!ピザですよ、あなた。ナポリのピザはそれはそれはうんまいんす。そしてお値段もお手頃なんす!ローマでは1切3.0ユーロほどしてたんだけど、ナポリ駅すぐのピザ屋では半額の1.5ユーロ。で、ローマのピザより厚いから1枚でも満足感あり。ナポリに来たら是非ピザを食べてみて。って今回はピザの写真はありません。ピザの写真ばっか見ても仕方ねーでしょ。

で、ピザはもちろん美味しいんだけど、ローマの卵焼きそばのリベンジとして宿近くのピザ屋でスパゲティカルボナーラをを注文してみた。
うん、やっぱりスパゲティカルボナーラはイタリア人に作ってもらわんといかんですね。とっても美味しかったです。またまた値段もお手頃で、卵焼きそば5ユーロよりも更に安く、4.8ユーロ!ねね?ナポリめっちゃ安でしょー。ご飯食べるならナポリですよ、あなた!

ちなみに宿は大きな町ほど安宿があるから、ナポリはローマで泊まった宿の倍のお値段・・。宿代と食事代と足して割るとどっちの町でも同じくらいのお金を使います。
でもナポリの宿はローマと違って質がいい。ローマはドミだったけど、ナポリはシャワートイレ朝食付き個室だし、おじさんがすんごいいい人で、プリンターも使わせてくれるし、洗濯機も使わせてくれる。更にまだオープンして3ヶ月のB&Bでお客さんが少ないから、今は宿にアタシ達夫婦だけ。おじさんはお客さんが来る予定の時間と朝食の時以外はほとんど居ない。宿というか自分ちみたい。
ナポリの町はゴミゴミして歩きにくいし、汚いし、中国みたいだけど、この宿がとても気持ちがいいから、ナポリが好きになりそう。
町の印象って大体宿の印象で決まったりするんだよねー。今まで行った宿で一番よかったスロベニアのブレッド湖が今回の旅で一番好きな町だったりするし。てことで、ナポリの印象は上位に食い込んできました。宿のおかげだ。

そんなナポリで観光もしないわけではない。実はナポリは9年前に来たことがあって2度目なのだけど、その時にはポンペイなんてものの存在すら知らず、青の洞窟を見にカプリ島へ行っただけで去ってしまった(ちなみに青の洞窟は見られませんでした)。
だから今回はポンペイへ訪問。

ポンペイ、素晴らしいですね!こんな大きな町が1日で火山灰で埋まったなんて。それから長い長い年月ずっと埋まってたなんて。信じられん。食堂や銭湯なんかがある普通の町ですよ?で、火山灰に埋まった人や犬がそのまんまの形で石化してるなんて、なんかの映画みたい。気持ちが悪いというか不思議というかなんというか・・。これほどその人たちがどういう思いをして死んでいったんだろう、と気になる遺跡は今までになかった。

こんな大きな町が・・


1日で埋まるなんて・・


何を思って死んだんだろう・・


このまんまの形で埋まるなんて・・


ありえん!こんな風に死にたくないよー!!こんなに怖くて興味深い遺跡は初めてだよ。


こんな怖い遺跡を見た後、美味しいカルボナーラ食べたんだけどね。ナポリ、うまいす。

ところで。風も少ないし、青の洞窟リベンジに行こうかと思ってたんだけど、以前もたっかいなーと思ったけど、更にお値段が高くなってるみたいで、人も多いだろうし、天気も悪いし、わざわざカプリ島に行く気が失せてきたのでやめておきます。その代わり、クロアチアにある青の洞窟に行ってきます。入れないかも知れないけど。
青の洞窟ってカプリ以外にもイタリアにもうひとつ、クロアチア、沖縄にあるみたいね。カプリにこだわる必要なさそう。


今後の予定です。
10月10日にアンコーナからクロアチアのスプリトに行ってきます。海には入れないけどダラダラしてきます。理由は10月22日にはベネチア入りしなくてはいけなくて、それまでイタリアでダラダラ過ごすとシェンゲン協定に引っかかりそうで、そうすると残す3カ国(ギリシャ・スペイン・ポルトガル。マルタは行かないことにした。)の日数が足りなくなりそうだから、シェンゲン協定の関係ない国&物価の安い国に逃げることにしました。

本当はシチリアまで行く予定だったけど安宿がなさそうだから断念。その後ギリシャに行く予定にしたけど船の日程等に合わせるのが面倒になって断念。そして今日、クロアチアに行くことに決めた。クロアチアからベネチアなら電車でも帰ってこれるし。もう予定変更はしない・・予定。

10月22日にベネチアで・・楽しいことがあるのです。ここではまだ教えません。近くなったら教えます。ウフフ。
ローマは一日して・・
ボナセーラ。ローマです。ローマと言えば。

ヴェスパですね。


真っ赤なヴェスパじゃオードリーのイメージからかけ離れてるけど。

ヴェスパのよく似合う・・かどうかわからんけれど、大都会ローマは日本人観光客がびっしり。フィレンツェでも多かったけど更に多いみたい。至る所から日本語が聞こえてくる。日本人はイタリアが大好きなんすね。
9年前のイタリア旅行の際、ローマ(フィレンツェも)には来なかったから是非とも今回は、と来てみたけれどただの都会だな。アタシは田舎者だからパリとかローマとか東京とか、人が沢山いるところが好きじゃないみたい。人が多くて嫌になる。
そんなローマ、疲れつつも観光へ。フィレンツェの宿でもらってきたガイドブックの観光コースのっとり町歩き。ローマフルコースです。

1日目
バチカン→サンタンジェロ城→ナヴォーナ広場→パンテオン→トレビの泉→スペイン広場→コロッセオ
2日目
ヴェネチア広場→フォロロマーノ周辺遺跡群→コロッセオ→真実の口

このコース行っても感動なんてしないけれど、ローマに来といて行かないのもあれなんで。義務です。旅行者の義務として行かなくてはいかんのです。それにしてもなんだかローマ疲れました・・。フォロロマーノ辺りに行ったら体が動かなくなってしまって、ダンナひとりがちろっと観光に行って、アタシはぼんやとしてた。

でも一応旅行者の義務としてイタリア人についても調べておいた。

追突して欲しいってことですね


運転するときはメガネが必要


チョコボールのキョロちゃんは人気者



くだらない・・。アタシもイタリア人もくだらないわ。すいません疲れてます。ローマ出ればもう少しまともなモンが書けると思うのでお待ち下さい。今日は美味しいパスタでも食べたいです。



そして、パスタを食べようと、とあるお店に入店。そこは日本食屋を営む中国人経営のお店でした。なんでそんなところでパスタなんてとお思いでしょうが。だって5ユーロだったんだもの。今までチェックしてきたお店でパスタ最安値だったんだもの。

アタシが頼んだカルボナーラ。前日にダンナが食べてたカルボナーラが美味しくて、自分も食べたい!と思ったからカルボナーラにしたんだけれど、中国人が作るカルボナーラは・・。


卵焼きそば。

フィレンツェで食べた超美味しい上海風焼きそばってやつに似てた。だから味は美味しいんだ。だって中国の人だもの料理上手に決まってる。でも焼きそばだったーーーあぁぁぁ・・。

日本人が日本で中華料理屋をしたり、中国人が中国で日本食屋をしたり、イタリア人がイタリアで日本食屋をすることはおかしなことじゃないよね。
でも日本人が中国でイタリア料理屋したり、イタリア人が中国で日本食屋をすることはおかしいことだよね。
だから中国人がイタリアで日本食屋をして、さらにその店でスパゲティを提供することはかなり妙なことだと思います。
そう、おいしさなんて求めちゃいけなかった。アタシが間違ってました。卵焼きそば美味しかったです。ごちそうさま。

卵焼きそばの写真はないから、昼食に食べたピザの写真でもあげときます。

美味しいけど6ユーロは高くない?



そんなこんなローマは一日にして・・飽きた。期待してなかったけど、期待してない以上に期待はずれな町でした。二度と来ない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。