スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰郷
誰にでもあるわけではないけれど、ある人にはある「心の故郷」。クルーズ2回目の寄港地はアタシの心の故郷ギリシャ・キクラデス諸島の一番人気の島サントリーニ島です。

サントリーニはなんと13年ぶり。13年前とほぼ変わらない景色。だけど13年前と大分変わった物価・・。ま、それでもヨーロッパでは安い方ですよギリシャは。ユーロ導入してるのに、4回も出入りしたクロアチアより安いんじゃないかと思う。それにですよ、アタシの心の故郷キクラデス諸島はクロアチアと比べものにならないくらい・・いや別格ですよ。景色が素晴らしいんです!

見てよこの景色!


ほらほらーすごいでしょー可愛いでしょー素敵でしょー!アドリア海の真珠とまで言われるドゥブロブニクも足元に及ばないでしょー。
あ、別にクロアチアが嫌いって訳ではないので、そこんところ間違えないようにね。ただ、クロアチアの「くせに」物価が高いから嫌だなーって思ってるだけなの。

実はあたしの心の故郷は、もう少し質が落ちるパロスという島なんだけど、ぱっと来てぱっと帰るならもちろんサントリーニやミコノスがいい。今回はダンナが初ギリシャだし、クルーズの寄港地にはサントリーニが最適。でも滞在するならパロスがいいのよー。地味で。

まずは港から山の上にある町まで。ケーブルカーかロバのどちらかで上がるんだけれど、金額が変わらないからもちろんロバ!外人がドンキードンキー浮かれまくってますよ。

通称ドンキーロード(ロバ道)は糞だらけ


今回は町でレンタスクーターを借りる予定だったんだけど、ギリシャの島の風は半端なく強いからスクーターはやめてバギーをレンタル。ちなみにスクーターのレンタル代もクロアチアのドゥブロブニクよりもサントリーニの方が安いんだよー。ドゥブロブニクが倍ぐらい高かった。クロアチアのくせに生意気なんだよーぉ。

バギーのレンタル代は24時間で20ユーロ。5時間しか使わなくても20ユーロ。まあ高くはない。

まずはサントリーニの中心地フィラの町から夕日が綺麗に見られるイアの町まで。昼間に行くともちろん夕日は見られないけど、ここはほんとーーーに町が可愛いのよーー。

ほらほら素敵でしょー


この形の教会も絵になるでしょー


こんなフォトジェニックな町だけど風が強いのが難点で、記念撮影しようとしても風で髪がバッサバッサとなびくからなかなか綺麗に撮れないの。残念。

今回はバギーを借りてるから町歩きばっかりした訳じゃないの。もちろんビーチにも行きましたよー。泳ぎは出来ないけれど、バギーで海辺を疾走。

このバギーで!


すごい楽しかったーー!でも最後の最後にビショビショになったけど・・。
帰りは糞だらけのドンキーロードを歩いて帰った。新鮮な糞は踏まないように気をつけて・・。
一日中バギーで遊んでたらクタクタ。夕食時に寝そうになっちゃって夕食終わったらパッタリと寝てしまった。そして朝起きたら筋肉痛・・。バギーに乗ってるだけで筋肉痛になる年頃なんですね。

やっぱりアタシの心の故郷はギリシャだったと再確認した一日でした。ダンナがギリシャはまた来たいと言ったので、また行くと思います。芸能人が毎年ハワイに行くように、アタシはギリシャに毎年行きたい!もちろん夏のギリシャに。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。