スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イグアスの滝とタックスフリーの町
マテ茶を飲むお兄ちゃん。早速ペアでマテ茶セットを買ってしまった。


2カ国目、パラグアイに入国。
イグアスの滝を見るためにシウダデルエステという国境の町に泊まって、そこからブラジルを通過してアルゼンチン側のプエルトイグアスに滝を見に行った。

いや~、すっごいでっかい。あそこから落ちたら、なんて考えるとかなり恐怖を感じる。
どこでもドアで10分だけどこかに行けるならどこに行く?って自問してたとき、絶対ナイアガラの滝!と思ってたんだけど、そのナイアガラの滝を見る前にイグアスに来ちゃったから、多分もうナイアガラには行かないだろうなぁ。比べ物にならないんだって。見てないから知らないけど。

ところで、こういう大瀑布のハイライトと言えば、ボートに乗って滝を下から見上げることだと思うのだけど、今回アタシたちは終了の時間に間に合わず、ボートに乗ることが出来なかった。先に上から見る方に行ってしまったからいけないんだけど、一番の失敗はシウダデルエステに宿を取ってしまったことなのだ。

パラグアイ国境の町シウダデルエステは、タックスフリーで買い物が出来る町らしく、そのためブラジルとアルゼンチンからどやどや人が押し寄せていて、バスターミナルから国境に行くのにバスに乗ってしまったために、渋滞で1時間ほどかかってしまった。渋滞がなかったら10分以内で通過できそうな距離なんだけど・・。
だからシウダデルエステに泊まってイグアスの滝を見に行くのなら(ブラジル側でもアルゼンチン側でも)バイタクを使うのが良いんじゃないかと思う。やっぱりバイクは小回りが効くらしく、スイスイと国境越えをしていた。
でも何故かブラジルやアルゼンチンからシウダデルエステに行くのは、ほとんど渋滞がない。

で、あんまり酷い渋滞に嫌気がさして、本当は翌日ブラジル側も見ようと思ってたんだけど、やめた。ブラジル側はしょぼいくせに高いらしいから、しんどい思いして行って、つまらんかったら腹立つし。

シウダデルエステからブラジル側のフォズドイグアスまでは何本もバスが出てるんだけど、アルゼンチン側のプエルトイグアスまではあんまり本数がないみたいで、行きのバスも結構待った。
帰りもプエルトイグアスからシウダデルエステまでのバスに乗ろうとしたら、最終が18:00に終わっていたので、仕方なくフォズドイグアスまで行ってから乗り換えようと思ったら、フォズドイグアスからシウダデルエステの最終バスも終わっていて、またまた仕方なくタクシーで国境まで帰ってきた。なんだかんだと高くついた。
はじめっからプエルトイグアスに泊まればよかった。町も綺麗だったし。シウダデルエステなんて何にもなくて、夕飯も食べれないんじゃないかと思ったくらいだよ。

そうそう。パラグアイの料理と言えば鶏のアサードだとガイドブックに書いてあったんだけど、それって南米どこでもじゃないのか。ブラジルだってどこ行っても鶏か牛のアサードだし、アルゼンチン名物のステーキだって呼び名を変えれば牛のアサードじゃないか。
アサードってただ単に焼いてあるだけのことを言うんだけど、そんなのが名物なパラグアイは旅行には相当寂しい国だよ。ご飯も大して美味しくないし。ていうか不味い。良いところは物価が安いくらいかな。ビールは安くなさそうだけど。あ、もう1つあった。ATMでドルキャッシュが引き出せるところ。手数料にUS$5も取られるけどね。

こんな悪口みたいなことを書いてるけど、決してパラグアイが嫌いっていうわけじゃないのよ。ただ単に面白くないだけ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。