スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウティラで軟禁
ウティラって島で旦那がダイビングライセンスを取りに来て、早1週間。無事オープンウォーターのライセンスを取得しました。アタシはダイビングのライセンスを取れないから、することがなくて軟禁状態。無事取得してくれたおかげで、やっとこの島から出ていくことが出来ます。

このライセンスを取得するためにケチがついてしまい、途中で店を変わってます。

前のブログに、店があんまりだって事を書いたけれど、あれからどんどん酷いところが見えてきた。詳細は旦那のjournalで。

もちろん、この店のオーナーに文句を言いたかったけど、何を言っても他人事みたいな顔をするここのドイツ人オーナーは、今回のことも謝りもしないし、客と思ってないような対応。
あんまりにも酷い。こんなに腹が立ったのは、ペルーで荷物を盗られたとき以来。
こんな対応を受けてはさすがにこの店でライセンスを取るのがイヤになって、後のことはインストラクターの人に投げて出て行った。

その後は最初に客引きされて見に行った、とても綺麗で条件もすこぶる良かったお店に変わった。

始めになんでこっちに決めなかったかは、ライセンスを取らないアタシが暇だから、絶対ビーチがそばの店がいいって言ってたから。
そんな一言さえなければ、インストラクターが日本人だろうがなんだろうが、今いる店に決めてたのに。今回は、アタシのわがままですごくイヤな目に遭ってしまった。やっぱり第一印象が悪い店に行っちゃだめだったと、とても反省。

やめた店はEcoMarine Gunter'sってお店で、インストラクターに日本人がいるってことと、ビーチが近いって事以外は良いところが全くない。ちなみにこのインストラクターの人は5月くらいまでの期間限定。この店には、兎に角お客さんが居ない。

今居るのはCross Creekってお店で、値段は上記の店よりも8ドル高いだけで、部屋はシャワー付き(トイレはない)でエアコン付きの部屋もあるし、朝食が無料で2回付いて、宿泊施設のある敷地には昼食時までやっているレストランがあるし(しかも他店より安め)、日曜日にはバーベキューがあるらしいし(材料は自腹だけど)、キッチンもほどよく使いやすく(でもパン盗まれた)、各部屋の前にはハンモックがあって、すごくのんびり出来る空間がある。

このハンモックでぶらぶらするのが気持ちいい~。


更にダメな方の店に居る間は、生まれてこの方これ以上ないくらい虫に食われたから、この島では相当虫にやられるんだなと思ってたのに、今の店に来たら全く虫に食われなくなった。
更に更にダメな店の水はすーーごくしょっぱくて、これでコーヒーとか飲んだら大変な味になったから、この島の水はこういう味なのかと思ってたのに、今の店ではほぼ真水でもちろんコーヒーも飲める。

イヤな目に遭ったけど、後の店は居心地最高で気持ちよく、更に本当は15ドルするスノーケルツアーにこっそり無料で連れてってもらった。

そのツアーはダイビングの人たちと同じボートに乗ってくのだけど、船酔いの酷いアタシの結末はというと・・。
また吐いちゃいました。泳ぎながら吐いたのは生まれて初めて。波の高いところで泳ぐと酔うんだとは知らなかった。魚を見るどころではなくて、気持ちが悪くて、本当におぼれるかと思った。

こんな事がわかってしまった今、「スノーケルボートツアー」ってのは絶対に行けない。そしたら残念なことに、ベリーズのバリアリーフとかも行けないの。ベリーズに行ってバリアリーフに行けないんだったら、わざわざ60ドルもする高い高いビザを取って入国する意味はなくなった。旦那もベリーズのブルーホールは潜らないって言うし。

ベリーズでのんびりするつもりだったのに~。バリアリーフ行きたかったぁ~。
そんじゃぁカリブ海はやっぱメキシコだな、と思ったのに、メキシコではなんとなんとインフルエンザが猛威を振るってるという。アタシ達のカリブ海はどうなっちゃうのかしら。

スポンサーサイト
がっかり遺跡、がっかりビーチ
グアテマラを抜けて、ホンジュラス国境からすぐのコパン遺跡へ。
マヤ遺跡だし、入場料15ドルもするところだから、さぞかし素敵なところなんだろうと思ってたら、期待を大きく外してくれた。

町から歩いて10分ほどでこの遺跡に行けるのは楽ちんなんだけど、15ドルも取る割りには規模が小さくてあっという間に見終わってしまう。
半野生(餌付けされてる)のコンゴウインコが沢山いて、そのインコが集団で遺跡を飛ぶ姿は、それはそれは迫力があるけれど、良かったことと言ったらそれくらい。

また鳥だけど。


ここの修復、JICAが手伝ってんの。アタシ達の血税で。なのになんで15ドルも取られるの!と腹立たしい。
さらにトンネルはプラス15ドル、博物館はプラス7ドル、全部行くと37ドル。アタシの一番好きなヨルダンのペトラ遺跡だってそんなにしない。コパン遺跡は分不相応に高すぎです。

15ドルも払ってるのに、地図もなにもくれない遺跡、コパン。


遺跡は2時間くらいで見終わっちゃって、町もやることないしつまんな~い、と思ってたら旦那が「乗馬しよう」と言いだした。

そうだ、乗馬に行こう!

乗馬はモンゴル以来ですごく楽しみだった。でも、アタシが乗った馬が・・全く走らない。蹴っても蹴っても全然走らない。馬使いの男の子に走らせてと言うと、そのたびに鞭打って走るんだけど、少し小走りしたらすぐやめる。全く走らない馬って全然楽しくないの。

のろまな馬とトボトボ歩くアタシと馬使い。


最後に旦那の馬と交換してもらって、更に旦那は馬使いから鞭を借りて、自分で馬に鞭打ちながら走っていた。だから最後には沢山走れて楽しかったけど、馬もちゃんと選ばないとダメなんだねー。

全然関係ないけど、コパン・ルイナスの町にはカラフルひよこが売ってます。



今はウティラ島ってところに来ています。ダイビングライセンスを取りに。旦那が。
アタシは以前からダイビングがやりたいと言ってたんだけど、極度の鼻炎と喘息のため、ドクターストップがかかっており、出来ません。残念。

旦那は授業があるし、アタシは一人で相当暇だから海に行ってぼんやりするつもりだったんだけど、ここ最近お天気が悪いし、ヘヘンっていう痛痒い虫にやられるし、海もイマイチだし、なんだかなぁと思ってます。
ちなみにダイビングのお店もなんともやる気のないところで、すごく陰気くさい。ほぼ全員が会っても挨拶しないし、宿もイマイチだし。海に近いお店が良かったし(これが一番重要だった)、インストラクターが日本人だから(この人は陰気くさくない)ここにしたけど、そうじゃなかったらこんな店、選ばないなぁ。

さらに夕べ干しておいたアタシの水着が盗まれた。たった2時間くらいの間に。
以前ボリビアで下着を盗まれたけれど、どうもアタシは肌に着けるものが盗まれやすいらしい。ていうか、人の水着なんて着たいのか?水着盗むなんて、みみっちい。
水着自体は、2枚持ってたから1枚無くなっても問題ないんだけど、すごい気分悪い。

でも昨日、盗まれた水着を着けながら「新しい水着欲しいなぁ」と思っていた。
高校生の頃、友達が「新しい自転車欲しいなぁ」と考えてたら、翌日に自転車が盗まれた。必死に探して見つかったんだけれど、それから数ヶ月後また「新しい自転車が欲しいなぁ」と考えたら、またすぐに盗まれた。ってことがあった。
それから物には心があるんだと思ってたけど、自分が「新しい水着欲しいなぁ」と考えた途端、盗まれたからやっぱり物には心があるんだと再認識。
今回盗まれたのは、必然だったのかな。でもやっぱ気分悪い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。