スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
様子見状態でまだまだ滞在
ホンジュラスのウティラ島でのスノーケルツアーは、波が高くて船酔いと海酔いでスノーケルなんてほとんど出来なくて、2度とボートツアーは行かないと思った。
でもせっかくベリーズに来て、ビーチに行くだけなんて勿体ないから、気合いを入れて昨日、マナティ&スノーケルツアーに行ってきた。

朝晩は風が強くて波も高くなるキー・カーカーだけど、人が動き出す時間になれば波も穏やか。だから乗った小舟もあんまり揺れなくて、全く酔わずに1日を過ごすことが出来た。

出発前にマナティは100%見られると言われてたので、すーごい期待して行った。
そしたら到着時にマナティが水面に!
ワクワクして早くスノーケルを!と思ってたら、ここはマナティの保護区らしく、マナティを見ることは出来るけど、スノーケルはしては行けない場所だった。
なんだ・・。マナティと一緒に泳げるかと思ってたのに。

マナティはほ乳類だから、5分に1度くらい水面に顔を出して息継ぎをする。その時、大体3回に分けて顔を出して、3回目には尾ひれを見せて深く潜っていく。
出没するとき、大抵ボートから離れてるからちらっとしか見えない。体の大きさとかなんて全然で、鼻先と尾ひれだけ。

マナティを一目見ようと待ち構える人たち。


これだけ?と思ってたら、ボートの近くにすすすーっと近づいてきて、その姿を水中に発見することができた。それが1回あったから、満足したっていうことにした。

その後は別の場所に移動して、普通にスノーケルを40分ほど。青い魚の大群とかは見たけれど、特に目立って面白いものはいなかった。
スノーケルは沖近くでしかやったことがなくて、今回は足が付かないところだったから、ずっと泳いでなきゃいけなくて、途中からイヤになってきて一番早くボートに戻った。もう疲れちゃった。

その後は3時間のスノーケルツアーでも行くらしい場所で、鮫とエイが見られるスポット。今の時期は鮫は50%しか見られないけど、エイは100%見られると言われてた。
おっちゃんが魚をちぎって投げ込んだら、びびびびっくりするぐらいの数のエイが!エイがあまりにもウヨウヨしていて、その中に身を投じなくてはいけないことがはじめは怖かった。

エイ・ウヨウヨ。


でもエイは全然怖くなくて、みんなでエイの上に乗っかっろうと試みた。もちろん乗れないけど。ここで一生分のエイを見た。

ブルーホールダイブとスノーケルツアーが終わって、あとキー・カーカーでやれることはそんなにない。でもまだ豚インフルエンザの様子見で動けないので、今日は再会した友人と旦那と3人でビーチで釣りをした。
スノーケルセットと釣り糸と釣り針だけで釣りって出来るんだねー。アタシは1回釣り上げた後すぐに落としてしまった。午前中に旦那と友人が1匹ずつ釣り上げたので、友人に捌いてもらってお刺身で食べた。美味しかった。
でも明日もまた釣り。だって他にやることないんだもの。
スポンサーサイト
キー・カーカー滞在
ハロー。久々の英語圏にとまどって言葉が出てこないベリーズのキー・カーカーに来ています。
スペイン語が話せる人が多くて、ちょっと安心。中途半端な英語と中途半端なスペイン語を知っていると、上手く言葉が出てこないんだよね。どっちか1つでもまともに話せたら、そうでもないんだろうけど。

最近はメキシコ発の豚インフルで、ベリーズの国境、以前通ったホンジュラスの国境で、みなマスクをしてインフルエンザに関する質問をしてくるのに、相変わらずガテマラ国境だけは何の警戒もなかった。
ガテマラ警戒しなさすぎー。ここ最近、毎日に近いくらいバスの運転手が殺されるのもわかる気がする(韓国人を狙った殺人も続いてるそうだ)。ガテマラはのんびりしてるようで危ない国ですよ。

メキシコ入国を目前に回避してベリーズに来たわけですが、ベリーズの悪評を良く聞くので警戒してたら、そうでも無さそうで。
バックパッカーが良く来るというキー・カーカー自体はのんびりした空気の流れるところです。みんな何ともフレンドリー(寄ってくる輩は大抵マリワナを売りつけたいような奴らだけど)。島なのにビーチ自体はあんまりなくて、崩れ落ちた橋の辺りが一番綺麗なビーチらしい。けれどそれでも公共温泉状態で、みんな湯に浸かったようになっている。
でも一応ビーチリゾートなので、物価はそれなりに高いし、キッチン付きの宿もあんまりないから、節約派は来ると辛い場所かもしれない。

メキシコに入国出来ないかも知れないと思ってるから、旦那に「せっかくダイビングのライセンスを取ったんだから世界最大のブルーホールに潜っておいでよ」としつこく言っていたら、高いしなぁと悩んでた旦那も行く気になったみたいで、今日ブルーホールにダイビングしに行ってます。
一人でダイビングしてもあんまり楽しくないみたいで、楽しめるのか心配してたら、パナマシティで知り合った男性にばったり出くわして、更に彼も旦那と同日にブルーホールに行くという。多分同じダイブショップでの契約だろうし(たとえ別の会社だったとしても後で感動を分かち合える)安心して送り出せた。
でもいいなぁ。アタシもダイビングやってみたいなぁ。ブルーホールに潜ってみたかったなぁ。

ライセンスを持ってないアタシはあんまりよく知らないのだけど、旦那の持ってるPADI オープンウォーターではブルーホールは潜れないかもと聞いていた。でも実際はオープンウォーターを持っていれば潜ることは出来るらしい。アドバンスウォーター取得しなくて良かった。

そんなんで、今日アタシは1人。世界に渦巻く大不況と豚インフルエンザで観光客をあんまり見ない中米のしけた海で、とりあえず海水浴と日光浴でもしようかな。

ここが一番綺麗なビーチって。しけてる。


後は知り合いになった黒猫ちゃん。懐き過ぎちゃって可哀想になってきたから、これ以上なれ合わないように気をつけながら、猫ちゃんの相手でもしてます。

部屋まで訪ねてくるようになった黒猫ちゃん。


余談。
ここでばったり再会した友人は、アタシ達がパナマのサンブラス諸島からパナマシティに戻った後、サンブラス諸島に行った。アタシ達と同じ日からサンブラス諸島に滞在しているオージーが、友人が帰るときもまだ滞在していて、更に1週間ほど滞在するということだった。
そのオージーはニカラグアのコーン島(イスラ・マイス)にも行ったらしいが、生きてきた中でサンブラス諸島が一番だったという話をしていたらしく、それを聞いた友人もコーン島に行くのを止めてしまったらしい。
その話を聞いて、コーン島に行きたかったアタシは「行っておけばよかった」と悔やんでた事が不要なことだったとわかって、一安心。

今のところ世界一のビーチはサンブラス諸島(今のところ)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。