スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東南アジアでプチ贅沢
東南アジアなんて全く来るつもりなかったのに、安さに釣られて来ちゃったベトナム。東南アジアの中ではベトナムは一番好きな国。
今回は旦那と一緒に、以前にも行ったメコンデルタツアーにでも行こうと思ってたんだけど、ちょっぴり素敵な宿を取ってしまったので、ツアーで1日つぶれるのが勿体なくて行かずじまい。メコンデルタの雰囲気なんて、中米で散々見てきたからまぁいいかな、と。

素敵な宿って言っても1泊28ドルなんだけど。本当は10ドルの宿を探してたんだけど、トイレとシャワーが同じ空間にあるバスルームで。そういったのがもう受け付けられない体質になってしまいました。
でも28ドルだと西ヨーロッパでドミ1人分あるかないか。安宿街とは言え、そんな値段でデラックスルームに泊まれちゃうんだから、素敵なくらい安い。

この素敵なくらいの安さに魅了されてホーチミン滞在3日間、全く観光せずに街ブラだけで終わってしまった。

ツアーとか行ってないからこんな写真しかない。


買った物は、日本で使えるTシャツ、スカート、ショートパンツ、バッグなどなど。その他雑貨。
他には生活雑貨が日本より安かったから、アースノーマット90日や旦那のお気に入りの洗顔料など。こんなの買わなくたって・・と思うけれど、日本円の約3分の1で買えるんだもの。

それと、中米で日に焼けすぎてお肌がお疲れのようだったのでエステにも。ついでだから旦那もエステデビューしました。って日本じゃさすがに行かないけどねぇ。
ベトナムだからすごく安いお店もあるんだけど、そういうところはさすがに怖いので、日本人経営の「ロサ・ブランカ」ってところに行ってきた。
ここのオーナーはマヨルカに2年、マドリッドに5年も住んでいたらしい。マドリで首締め強盗に遭ってしまい嫌になってスペインを出て、ベトナムへ。そして8年目らしい。素晴らしい人生だわ。

日に焼けてヤンキーカラーになった髪を染めに美容院に行きたかったんだけど、30分昼寝しようといいつつ、6時間も寝てしまったから行けずじまい。夕飯食いっぱぐれるかと思っちゃった。時差ボケが全く治りません。
だからやりたいことの残りは全部タイでやろうかな。あー、それにしても安い。

安い安いと言ってるけど、2000年に来たときよりは確実に物価高。
聞いた話によると、ホーチミンの繁華街?ドンコイ通りのちょっとした土地は7000万円ほどするらしい。名古屋より全然高い。
ここ最近は、ベトナムでもマネーゲームが盛んらしく、さらにまだ始まったばかりだからインサイダー取引とかやりまくりで、急に金持ちになったりするらしい。そんなこと聞いちゃったら、西洋人が好きそうなカフェに居るベトナム人を見ると、「インサイダー金持ち」だと思えてしまう。

ベトナムには外国人料金なるものが設定されてるけれど、外国人からは取れるだけ取ってやれという感情が強いらしく、数年前にツアー料金や高級ホテルの値段がヨーロッパ並みに高くなってしまったらしい。でもそのせいで外国人旅行者はベトナムを避けて、タイやカンボジアなど周辺諸国へ流れてしまったらしく、最近また少し値下げしているらしい。
ちょっと頭の悪い国ですね。発展途上国というのは、往々にしてそういう考え方をするから仕方ないけど、そういう考え方をするから先進国になれないんだろう。
安くない発展途上国なんて、誰が旅行するんだって。

お昼に市場で食事する際に、ビールの値段を聞いたら15000ドン(平均10000ドン)と言われ、仕方なく安い店を探したら、市場では最安が15000ドンだった。まぁそれでも1ドルしないんだけど、ホテルのビールより高いのが癪だったから、飲まずに居たら12000ドンまで値下げした。
ここの人は売れないくらいなら安くする、と考えなおしたからマシだけど、やっぱりベトナム人はバカなんだろうな。高くして売れないよりは、それなりの値段で売れる方が絶対に得するってことがわからない。

こんな市場でも外国人料金。それでも安いんだけど。


貝料理。市場よりデタム通りの辺りに夜出る屋台の方が美味しくて安かった。


発展できない可哀想な国ベトナム。でもその方が買い物旅行には最適だと旅行者は思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。