スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボリビアマジック炸裂
ラパスの町は高い場所の方が貧困層で、低い場所に行く程裕福だそう。今居る所は中間よりちょっと下くらい。


ラパス。すごい排気ガスで毎日咳と痰が酷くて(ウインドブレーカーの汚れも相当のもの)昨日から薬を飲み始めた。そんな空気が超悪くて、標高が高いこの町でアタシと旦那はスペイン語を習うことに。

今日、スペイン語の先生の所に行ってレベルチェックをしてもらったんだけど、アタシは一応6年前に軽くやってるから、旦那と同じグループでやることは無いと思ってたのに、先生が「同レベルだからお互い助け合って勉強したほうが伸びる」とおっしゃった。確かにスペイン語圏に来て2ヶ月の間に、旦那は数字もだいぶ覚えたし、道くらいは聞けるようになったけど、アタシと同じレベルだと思ってなかったので、ちょっとというか大分ショックな言葉だった。
でも、その後テキストを読めと言われて読んでみて、アタシはそれなりに理解出来てるけど、旦那は全くわからないから(そりゃそーだ。教えてない言葉ばっかだもの)同じレベルでやるとアタシの授業料が損する気がして、「先生、アタシと旦那のレベルは違うから別々にして」と言ってみたけど、多分先生の事情なんだろうな。来週1週間はとりあえず一緒にやることに。なんだかなー。お金払って旦那に教える手伝いするみたいじゃない?
でもまぁ昔習ったところを思い出す機会にはいいから、理不尽だけど今回はあんまり深く考えないことにする。


最近仲の良い人たちの間では「ボリビアマジック」という言葉をよく使う。スペイン語の先生もそうだけど、レベルチェックするのにノートとペンだけが必要としか聞いてないのに、レベルチェックをした後「今日の分は全員でUS$4払って」と言われて、みんな(3人で行った)ビックリ。レベルチェックでお金取るなんて聞いたことないよ。

他にも、
・事前に「うちのバスはDVDも付いてるし荷物もトランクに入れるここに停まっている良いバスだ」と説明されてバスチケットを買ったのに、行ってみたら荷物はバス上部野ざらし、DVDどころかテレビも付いてない、更には同行者の座席番号がない小型の乗り合いバス
(それでも大型のバスと同じ値段ってところが気に入らない。)
・「長く居るからいい部屋にして」と言っても他に空いてる部屋はないと言われ、勝手に探したら沢山空いてた
(これは結構どの宿でも。いい部屋はとりあえず残すらしい。)
・ある宿であんまりスペイン語がわからなくて「よくわからない」と言ったら、「ケッ」って感じで手にしていたタオルをフロントのテーブルに投げつけた
(これにはほんとビックリ。こっちは一応お客だけど・・。)
・US$6もする(ボリビアでは結構なお値段)シティツアーを当日申し込んで、わざわざタクシー使ったのに、行ってみたらバスが故障してるから今日は開催しないと言われた
(この場合、事前に故障がわかってたらしい。だったらチケット売るなって。)

などなど、ボリビアでは毎日1マジック(それ以上ある日も)に出会う。始めのうちは結構腹が立って、こんな国大嫌い!と思ってたけど、最近は大分慣れてきてまただ~と思うくらい(それでもすごく腹の立つ出来事に遭う)。
でもボリ人は信用するなってのが鉄則。ボリ人は全体的に嘘つきだし、不親切な人が多めの国だと思う。南米一プアーな国だから、人に親切にする事よりも騙してでも得したい人が多くて当たり前だと思うけど。
ブラジルから南米旅行が始まって、こんなに嘘つきが多い国は初めてだから旅行するのがちょっと面倒臭い。アタシは人と交渉するために旅行してるわけじゃないから、この国はやっぱりあんまり好きじゃない。
それでも可愛いお土産が安く売ってたり、泥棒市でなかなかの古着が相当安く買えたりするのは楽しいから、この国は買い物に来てるんだ!と言い聞かせて生活するつもり。そういうのは寂しいかもしれないけど、ボリ人だけは信用出来ない。
今のところ、ボリビア人はスルタン地区のトルコ人の次に嫌い。でもご飯はなかなか美味しいし物価が超安いから、それが救い。
スポンサーサイト
ウユニで大切なものたちが・・・
さてさて、やってきましたボリビアへ。うちの旦那がこの旅最大のハイライトとしているウユニです。

ここへ来る前、アルゼンチンのウマウワカってところにいて、そこで二人して風邪なのか高山病なのかわからないけど、高熱出してお腹壊して1泊延長して、それでもまだ治らなかった。だけど、次逃すとウユニ行きの電車を待つことになるので、痛いお腹をかかえながら、無理してウユニにやってきた。
そんなウユニの宿は日当たりがよくて、洗濯だってバリバリ乾く、なかなかいい宿かと思っていたら、なななななななななんと!!盗難にあってしまった!この旅始まって以来の盗難に。

盗られた物は旦那とアタシの細かいものが入った分別袋2個。その中に入ってたものはというのは・・・。なんでそんなの取るんだよー!返せー!アタシのぱんつとブラ!!いや、他にも細々としたものが入ってたんだけど、開けてみてすぐにわかる中身は主に下着。下着用にしていた袋なのだ。
旦那のぱんつは洗濯してたから1枚しか盗られなかったんだけど、靴下を2足。でもそれはなかなか手に入らない足指ソックスと足袋ソックス。でもアタシのぱんつはその日に使ってたやつ1枚しか残ってないのよ!靴下も1足しかないし!ブラは辛うじて2枚残ったけど2枚なくなった。アタシのブラ、そんなに安物じゃないのよ!返せーーーー!

盗られたと気がついて警察に行ったら、部屋を見に行くと言ったので部屋の中を見せて、さらに盗まれた2つの袋の写真(jounalに使用した写真に写ってた)を見せて、「これ、ないでしょ!」と言ったのに、「盗られたときを僕は見ていないし(当たり前だよ!)、盗られたと気がついてから12時間以上経ってるから(シャワー浴びるまで気がつかなかった)ドクメントは出せない」とか言って、出してくれない。更には宿のおばあが、うちの旦那に向かって「アイツがプロブレマだ!」とわけのわからんことを言い出して、アタシとおばあは喧嘩寸前。くそーっ、胸倉つかんで振り回してやればよかった。

保険会社に電話で盗難証明書がもらえないことを説明したら、その旨記述すれば請求できるってことだったので、よかったけど・・・よかったけど・・・でもぱんつが売ってないの、この町・・・。また後で探してみるけど、ほんとに売ってなかったら、アタシ、旦那のぱんつ履くはめになるかも・・・。靴下は2人で合わせて3足しかないけど、足クサーになっちゃうかも・・。ブラだって、ボリビアにはまともなの売ってなさそうだし・・。アルゼンチンかチリなら売ってそうだけど、アルゼンチンかチリなら下着なんか盗まれないって。

で、相当気分の悪い思いして、腹が立ってブログにしたために来てしまった。せっかく明日ウユニ塩湖に行くのに、気分台無し。ボリビア大嫌いになりそうな予感。この国でスペイン語も勉強しようと思ってたけど、どうなることやら。


とりあえず、宿情報。多分日本人がウユニで一番よく使う宿「HOTEL AVENIDA」。
さっき宿のおばあが警察に向かってこんなことを叫んでた。
「ここではよく旅行者(外国人)が携帯を盗られたとか、お金がなくなったとかレセプションに言いに来るけど、そんなことは一切ない!忘れ物も全部保管してある!」と。
でも宿の人間が自分ちで盗難があっても、「うちではしょっちゅう盗難ありますよ」なんて言わないはず。保管してあるという忘れ物も、絶対に取りに戻ってこなさそうなぼろい服とかばっかだったし。
安宿ならどこでも盗難は多かれ少なかれあるはずなのに、絶対ないと言い切るおばあもどうかと思う。

うちもPCとかカメラとか盗られそうな高価なものは大体気をつけて持って歩いてるんだけど、下着まで持って歩くことできないし(そんなことしたら宿の意味がない)、でも実際盗られちゃったので、そんなものまで盗っちゃう宿なのかも知れないので、参考までに。
ちなみに今回の保険請求のメインは下着ではありません・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。