スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
着々と準備中2
まだまだ準備中の毎日です。

ドイツのライン川下りが終わった日からフランス入国まで、約10日あるのだけど、その期間はほぼすべて予定通りに動くことに。期間も短いし、その間だけ病気にならないように気をつければ予定通りにしても問題なし。ツアーだと思えばいい。
だってねー、国際バスとかも予約しとくとすごく安くなるんだよー。EUROLINEのバスでブリュッセルからパリなんて、たったの8ユーロ!あんまりにも安いから、行く予定してなかったロンドンにもドーバー海峡超えて行ってきます(この区間は8ユーロではない)。ストーンヘンジ、見てきます。
てことで、行く先々の宿予約や移動手段の準備中。ブリュッセルではリッチに三つ星なんて泊まっちゃいます。
でも、☆☆☆って言っても、2人で58ユーロ。ちなみにブリュッセルのYHは1ベッド(ドミ)20ユーロ近く。2人で40ユーロ。なんで☆付きのホテルがこんなに安いのブリュッセル!


薬が足りなくてどうしようかなーと思ってたら、つい先日、電車の中で発作が起きて、職場から数分のところにある呼吸器科のあるお医者に行って点滴を打ってもらった。その後、診察をしてもらったときに先生に色々聞かれて、「1年くらいヨーロッパに住む」なんて適当に言っちゃったら、「ヨーロッパの医療費は本当に高いから、必要な分の薬を出してあげるから持って行きなさい」と・・。
適当に1年なんて言ってしまったけど、実際は8ヶ月くらいで帰ってくる予定なんだよねー。でも10ヶ月分もの薬を処方してもらっちゃった。ほかのお医者さんにも5ヶ月分もらってたし、7ヶ月分も多く薬を確保してしまった。
こんなにポンっと出してくれる先生もいるんだなぁ。ほかの先生はがんとして出してくれなかったのに。すごい親切な先生だから、帰国したら診察に行こう。それにしても薬代、すーごい高かった。

で、北京入りするのに、やっぱり8ヶ月もの薬があると入国が大変そうなので、とりあえず2ヶ月半分持って行って、残りはフランスで会うAに持ってきてもらうことに。今日、夕飯がてら預けてきました。

それがこれ↓ 半年分1.5キロあります。


いややや、人にこんな大量のモノ託すのもどうかと思ったけど、中国なんぞ信用ならんし、お願いしてみたら「いいですよ」って・・。優しい人だ・・。ありがと!無事フランスまで持ってきてね!それないと、アタシ死ぬから!

スポンサーサイト
着々と準備中
出発前の準備って2回目だよなー・・・、なんて思いつつ、再出発の準備を着々としております。

まず、ロシアビザは無事発給されました。ブラジルの時もちゃんと発給されるか(片道チケットでの申請だったから)ドキドキしたけど、今回もちょびっとドキドキ。何せビザ申請の制限が厳しいと悪名高い(?)あのロシア。代理店任せだったからか、全く問題なく。


あと、オリンピックではマラソンだけ・・と思ってたけど、折角オリンピック期間中に行くのに、マラソンだけってのも何だかなぁと思ったので、ヤフオクでチケット買っちゃった。まだ届いてないけど。特に興味がある訳じゃないけど、野球3位決定戦を落札。だから非国民なことを言うけど、やっぱり日本戦が見たいから、日本は銅メダルを狙ってもらえたら・・なんて。
なんで3位決定戦っていうと安かったから・・。決勝は半端ないくらい高くってー。手が届かない。

それ以外には、ダンナが盗難にあったものを揃えてるけど、アタシはコロコロの付いたボストンバッグを購入。今回、薬を大量調達したんだけど、とてもバックパックに入る量じゃないし、今までバックパックからはみ出したものを手提げのバッグに入れてて、とても重くて辛い思いをしてたから。コロコロ付きだと、だいぶ楽になれるー。ホッ。

あとは、料金的にまだ決められないフランスのレンタカー。フランスはX社A(口数が少ない方)が休暇を取ってやってくるので一緒に廻るんだ。Aはもう飛行機のチケットを取ってあるから、フランスの予定はほぼ決定。あとはレンタカーを予約するだけ。
それに伴って、ドイツに入る日も大体決まってきたので、ドイツ鉄道の席をネット予約した。ドイツ鉄道DB(Deutsche Bahn、ドイチェ バーン)は早めに予約するとすっごい安くなるの。今回予約したチケットは定価の4分の1程度。ジャーマンレイルパス(ユーレイルパスのドイツ版みたいなの)を買うより、全然安く買えた。予定が決まってたら絶対!予約するべし。
詳しい購入方法は → ただいま実験中!fromロマンチック街道

他には・・そうそう。以前から旅行の支出をエクセルでつけてたんだけど、現金で払っただのカードで払っただのドルキャッシュ使っただの、なんてあるとゴチャゴチャになってしまって、最終的に移動費とか食費とかの管理がしにくかったから、ボタンをポンでちゃんと計算する仕組みをVBAで作った。暇だったから・・。今後はお金の管理が楽ちんになるわ。

こんなにちゃんと準備してるのに、大量の薬のために中国で入国拒否されたらどうしよう・・なんて危惧してます。大丈夫かしら?
旅人に出会う
この3連休は実家に帰ってたんだけど、昨日のお昼にダンナが来るから、うちの両親と一緒にバーベキューをやろうってことになり、午前中、近所のスーパーにお肉を買いに出かけた。買い物を終わらせた帰り道、国道沿いを3人のバックパッカーが。その時はバックパックは背負ってるけど、旅行者なのか何なのか、何でこんな田舎をバックパック背負って歩いてんだろうねー、と母と話しながら帰宅。

帰ったらダンナが来てたので早速バーベキューで昼食。その間約2時間。

昼食も終わって、大垣方面に遊びに行こうってことでまた国道を走らせること十分ほど。そしたらさっきのバックパック3人組が!
ダンナにかくかくしかじか説明して「何者か探りたい!」と伝えたところ、そんじゃー待ち伏せしようってことに。待ち伏せして彼らがうちらの車を通りすぎたあと、バックパックの背に書かれた文字を見る。「1泊させて・・」とか何とか。ダンナはいやがったけど、アタシはどうしても声を掛けてみたくなり、車で後ろをついて行って「何の企画ですかー?」と聞いてみたところ、徒歩で日本一周をしていて、ネットで配信しているとのこと。

て、徒歩で日本一周って!それもあんなに暑い中!すごいなーすごいなー!!徒歩ってーーー!アタシたち夫婦なら自転車でも日本一周なんて絶対に出来ない。すごいなー。
世界一周してるっても、アタシたちなんて乗り物使ってるもん。同じ旅人でもヒヨっ子だよー。・・・体力つけよっと・・。


彼らのサイトはこちら → 一宿一通2

なんだか有名なサイトっぽい。国道沿いだったからあんまりお話出来なかったから残念だったわ。
ブログも一日に何回も更新してるね。すごいなー!うちも見習わないと。もうちょっとマメに更新するようにします・・(旅再開してからね!)。
ロシアビザ申請
さてさて、出発まで約1ヶ月。
そろそろモンゴルとロシアのビを準備をしなくてはいけないと思って色々調べてみたところ、モンゴルビザは日本で取るより北京で取った方が早いし、金額も日本で取るのと変わらないので北京で取ることにした。

問題はロシア。ロシアビザ取得は相当やっかいと知ってはいたけど、どれくらいやっかいかは良くわかってない。
調べたところ、ロシアビザは北京やモンゴルでも取得出来るらしいが、対応してくれる相手によっては却下されることもあるらしい。さらに日本で取得すればビザ代は無料(2週間かかるけど)なので日本で取得しておくほうが安く上がるし、万が一日本で取れなくても北京とモンゴルで再チャレンジ出来るので、日本で申請することに。

ビザが取得出来ないのは困る。ロシアを通れないとカザフスタン経由でヨーロッパに行くことになってしまう(東南アジアを経由させるつもりは全くない)。それはそれで行きたいルートなんだけど、今回はダンナのシベリア鉄道に乗りたい!っていう夢(男のロマンってことですな)を実現させるためなのでやっぱりロシアに入らないと意味がない。

ネットで調べてみたけど、やっぱり相当面倒くさい。ロシアからの招待状が必要なんらしいが、そんなものは普通持ってないさ。日本の旅行会社に聞くと、ロシアのどの街にいつ滞在してこのホテルに泊まりますって予定が必要らしい。安旅行してる人たちがそんなことするわけないので、他にも方法があるのだけど、それがまた面倒。
もっといい方法はないのかなぁと調べてみたけど、それらしいものを見つけることが出来なかった。今の職場にはロシア人のお嬢さんがいて、普段話したことないけどたまたま話す機会に恵まれたので、なんか良い案を知ってるかなぁと聞いてみたところ・・大手旅行代理店でホテルを予約して取った方が良い、と模範的回答を頂いてしまった。ああ残念。

仕方ないので、安旅行をしている方々の書き込みなどを参考に、偽?招待状と予定表を2人で55ドルで購入。それとパスポートほか諸々を日本の旅行代理店に送付してビザの取得代行をしてもらうことに。代行じゃなくて自分で行っても取れるんだけど、名古屋にはロシア領事館がなくて、一番近い大阪の領事館に自分で行くよりは代理店で頼む方が安くて確実なの。

申請が通れば8月上旬にはビザがもらえるけど、ほんとにちゃんと取れるのか少し心配なロシアビザ。

ロシア、今から楽しみだな~。
とりあえず、バイカル湖、キジー島の木造教会、サンクトペテルブルグとモスクワに行くのは予定してたんだけど、今日、動物番組でモスクワに猫のサーカスがあることを知った。猫のサーカスってあなた!それは是非見に行かなくては!!開催時期とかあるのかとか全くわからないから、行くまでに調べとかなきゃー。

ところで、アタシは今まで動物好きだと思ったことがなかったんだけど(タダの猫好きだとは自認してるけど)、以前ダンナに動物好きだと言われてそうなのかなー、とピンと来てなかった。でも今日、そうかも・・と思うことが。
歩いてたらカラスがぴょーんと目の前に飛んできて、いつも猫を呼び寄せるときにする「チッチッチッ」という舌打ちをして話しかけてしまった。よく見たら、カラスも意外とかわいいなぁと思って。
帰国してよかった
今回の緊急一時帰国。
ものが盗られただけだから、帰国する必要はなかったんだけど、気分を切り替えるために帰ってきた。ダンナが相当落ち込んでたし、帰国してきてよかったと思う。

でもそれ以上に帰国してよかったなぁと思ったこと。
アタシ、こう見えても(見たことない人もいるだろうけど)アレルギー体質で体が弱いのよ。基本は鼻水が出たり、鼻が詰まったり、においを全く感じない。弊害として耳ん中がカユカユになったり、耳が詰まったり、耳が痛かったり、のどが痒かったり。結構大変なのよコレ。
でもそれ以上の弊害が喘息。これも鼻のアレルギーの弊害らしい。で、これが今回の旅の一番いらないお供なのさ。

旅行中からずっとこじらせていた喘息なんだけど、帰国したと同時に発作。保険証作ってなかったけど、どうにもならず病院直行→即点滴。翌日保険証つくりに行って、3割負担で済んだからよかった。
なんでこんなにこじらせてかって言うと、普段使ってる薬がボリビアでもペルーでも手に入るってことだったんだけど、探しても探しても全然見つからなかった。旅行中に薬がなくなったらそれこそ大変だから、使用量を減らしてたんだよね。そしたらこじらせちゃった。
でも発作を出した国が日本でホントーに!よかった。日本だから点滴2回でバシっと治ったのかも知れないし。ボリビアじゃ点滴なんてしなさそうじゃない?

今後の旅行に備えて、病院にいってまた喘息薬を準備だ!と思ったけど、カクカクシカジカ詳しく病院に説明したら、日本にいる2か月分しかもらえないって言われてしまった・・。説明が詳しすぎたらしい。
てことは実費で買っていくしかないけど(そもそも実費でも売ってもらえるか?)、実費ならヨーロッパよりは日本のが安そうだから、帰国した甲斐があったてもんです。


久しぶりに会った友人Aに、「何で最近ブログたくさん更新してるの?」と聞かれたんだけど、旅行中はPC1台で、大抵ダンナが独り占めしてるので書きたいときに書けないのだ。で、待ってるうちに「何書くつもりだったっけ?」と年寄りくさいことになってしまって、書けずじまいになるのだ。
今はダンナが支払いを放棄したため譲り受けた、アタシのVAIOがあるのでバリバリ更新できるってことなのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。