スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンデス越えの苦しみ
只今リマ。ここに来るまで、アタシにとって大きな障害があった。前のブログにナスカで吐くかもとか書いたんだけど、どっこいその前に最大の障害が。

クスコからナスカへのバスでの移動はアンデスを越える必要があって、このアンデス越えが日光のいろは坂なんて子供みたいに思えるくらい、山道がウネウネとうねりまくっている。そんな山道で乗り物に弱いアタシが吐かないわけないじゃないの。
今まで生きてきて、そんなに吐くか!ってくらい吐いた。相当吐いた。乗車13時間の間に5回よ5回!!最後の2回なんて吐くものないのに出てくるの!あまりの吐き用にダンナがびっくりしてたけど、それでも出てくるんだよね〜。途中の町で降りようかとも思ったけど、降りたところで翌日同じ道を通ってナスカまで行く必要があるから、すっごいしんどかったけど頑張りました。

到着後すぐに地上絵のツアーに参加。セスナ乗ってまた吐くのもいやだったからアタシは乗らないって断ってたんだけどツアー会社の人が、静かに操縦するから吐かないし、クスコからナスカまでの道よりずっと楽、だとか言ってと強く説得するものだから、折角来たしやっぱり乗ろう!てことで乗ってみたけど、やっぱり吐いた。何も食べてないのに6回目。もちろん地上絵どころじゃなかった。一応見たけど、もったいなかったなぁ。地上絵を先に見てからバスに乗ってれば地上絵だけはちゃんと見れたはず。あー、がっかり。

地上絵見た後はワカチナっていうオアシスのある町に行って、夕方まで昼寝して(バスでほとんど寝れなかったから超寝不足だった)、その後バギーツアーに参加。
ここのバギーツアーは砂丘をジェットコースターのように走る。すごい勢いですごい坂をかけ上り、すごい勢いで下っていく。ほぼ垂直の坂もスコーンッと降りる。
更にその坂をサンドボードをソリの用にして下るんだけど、それがまたスリリングでたまらない。これはすっごいすっごい!たのしかった。今回の旅始まって以来の楽しさ!一番楽しかった。

でもその後、この旅始まって以来のピンチが。。
実は。。。いえいえ、アタシからは何も言いません。ダンナが後日、元気になり次第反省文をjounalに書くと思います。
このピンチのため、今回写真がありません。お察ししてもらえますかね?
スポンサーサイト
日本人に一番人気の世界遺産・マチュピチュ
こんな朝靄の中をワイナピチュを目指して崖を登る。


あのマチュピチュに行ってきました。感想は旦那と同じく「意外に」良かった。アタシは元々マチュピチュに全然期待してなくて、更に会う人会う人「期待するな」とか「小さい村にしか見えない」とか言う物だから。でもそう言ってもらってたから本当に期待しないようになっていて、見たときは「なかなか良いやん!」って思った。
期待するなと言ってくれたアナタ、ありがとう!おかげで感動出来ました。でもアタシの中の遺跡王はまだまだヨルダンのペトラ遺跡。マチュピチュにはペトラみたいに目の前にドドーン!と現れる何かがないんだよね。

マチュピチュに行ったら1日限定400人しか登れないワイナピチュに大抵行くのだろうけど、アタシはワイナピチュの情報を何も持たずに行ったので(ガイドブック読めばいいだけなんだけど・・)あんなにハードなトレッキングをさせられるとは思いもよらず、はぁはぁぜぃぜぃしながら、足を滑らせて落っこちないように必死だった。途中何度か軽い喘息発作が出たので休憩しなきゃいけなくて、後から来た人たちに抜かされる抜かされる。それでも最後はちゃんと登り切った。しんどかった~。

それにしてもマチュピチュに行くのがちょうどGWになってしまったので日本人ツアーに沢山あったけど、あの人達はワイナピチュに登るときでさえネックレスなんかをじゃらじゃらさせて、お洒落スニーカーなんかで来るんだね。登り切ったときは服も靴も相当汚れてたから、あんなお洒落してくるとなんだか勿体ない気がするんだけど・・。ワイナピチュに登るなら軽装でね。


マチュピチュの他にもクスコ周辺には遺跡が沢山あるから行こうと思ってたけど、遺跡ばっか見ると飽きてくるからあんまり行かないことにした。クスコのセントロには修道院やカテドラルも沢山あるんだけど、ほぼ有料なので全く見ていない。ヨーロッパに行けば教会関係はタダで腐るほど見れるから。ちなみにクスコの町並みはすごくヨーロッパチックです。意外だったわ。

何せペルーの観光は高くつく。物価は結構安いんだけど、観光しようと思うとこの国でそんなに必要か!?と思うほど。観光で成り立つ国だから仕方ないけど、ちょっと取りすぎじゃないだろうか。マチュピチュの入場料なんて約50ドルよ。更に電車の往復が一番安い奴で62ドル。更に更にマチュピチュ村(アグアスカリエンテス)からマチュピチュの入り口までが往復12ドル。合わせて124ドルは高すぎるでしょ。
マチュピチュの入場料は学割だと半額になるので、国際学生証が作れるなら作った方がいい。もちろんうちもラパスで国際学生証を作ってあったので、ばっちり半額で入場。

クスコではもうやることもないので(観光しないから)ウルバンバというマチュピチュに行く途中の町で、ラフティングでもしたいなーと思ったんだけど、ウルバンバまでバスで1時間半の道のりが、どうしても酔ってしまうので(マチュピチュに行く際通る必要があって往復共酔った・・)ラフティングは諦めることに。あんなに酔う道のりならば更に片道17ドル高いけど、クスコからマチュピチュ村まで直接行く列車にすれば良かった。

こんなに乗り物に弱いアタシですが、次行く先は「ナスカの地上絵」。普通の人でもセスナ30分で相当酔うらしいんだけど、こんなアタシが乗って大丈夫なのかしら。でもせっかく近くまで来てるんだし、頑張って乗ってみたいと思う。吐く自信は95%!こうなったら周りの人たちまで道連れにしてやるわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。