スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国してよかった
今回の緊急一時帰国。
ものが盗られただけだから、帰国する必要はなかったんだけど、気分を切り替えるために帰ってきた。ダンナが相当落ち込んでたし、帰国してきてよかったと思う。

でもそれ以上に帰国してよかったなぁと思ったこと。
アタシ、こう見えても(見たことない人もいるだろうけど)アレルギー体質で体が弱いのよ。基本は鼻水が出たり、鼻が詰まったり、においを全く感じない。弊害として耳ん中がカユカユになったり、耳が詰まったり、耳が痛かったり、のどが痒かったり。結構大変なのよコレ。
でもそれ以上の弊害が喘息。これも鼻のアレルギーの弊害らしい。で、これが今回の旅の一番いらないお供なのさ。

旅行中からずっとこじらせていた喘息なんだけど、帰国したと同時に発作。保険証作ってなかったけど、どうにもならず病院直行→即点滴。翌日保険証つくりに行って、3割負担で済んだからよかった。
なんでこんなにこじらせてかって言うと、普段使ってる薬がボリビアでもペルーでも手に入るってことだったんだけど、探しても探しても全然見つからなかった。旅行中に薬がなくなったらそれこそ大変だから、使用量を減らしてたんだよね。そしたらこじらせちゃった。
でも発作を出した国が日本でホントーに!よかった。日本だから点滴2回でバシっと治ったのかも知れないし。ボリビアじゃ点滴なんてしなさそうじゃない?

今後の旅行に備えて、病院にいってまた喘息薬を準備だ!と思ったけど、カクカクシカジカ詳しく病院に説明したら、日本にいる2か月分しかもらえないって言われてしまった・・。説明が詳しすぎたらしい。
てことは実費で買っていくしかないけど(そもそも実費でも売ってもらえるか?)、実費ならヨーロッパよりは日本のが安そうだから、帰国した甲斐があったてもんです。


久しぶりに会った友人Aに、「何で最近ブログたくさん更新してるの?」と聞かれたんだけど、旅行中はPC1台で、大抵ダンナが独り占めしてるので書きたいときに書けないのだ。で、待ってるうちに「何書くつもりだったっけ?」と年寄りくさいことになってしまって、書けずじまいになるのだ。
今はダンナが支払いを放棄したため譲り受けた、アタシのVAIOがあるのでバリバリ更新できるってことなのです。
スポンサーサイト
旅グッズ評価 ガイドブック
アタシはもっぱらコレ、「地球の歩き方」!(やっぱりたまに地球の迷い方になるけども)
次回はふるーい、この2冊。


当たり前でしょう、と言われるかもしれない。けれどもアタシには当たり前でなかったコレ、ガイドブック。ガイドブックでその国その都市の歴史なんかを知ったりすると、行く予定じゃなかったところまで行ってみたくなるものだ。

初めて一人旅に出たとき、一応ガイドブックを買っていったんだけど、かの国(トルコ)がイヤになって、一週間で「もう無理!」とばかりにポルトガル~ギリシャの地中海沿岸旅行に飛び立った。そのためトルコのガイドブックは無駄になり、ヨーロッパのガイドブックは持っておらず。
(英語のガイドブックは買わない。だって英語苦手なんだもん。それに写真が少ないから見てても行きたいと思う場所が見つからない。)

初めてだったから旅に出るまでネットカフェの存在を知らなかったし、知ったあとでもフリーメールとか使ってなかったのもあって、そのときの旅行では一切ネットカフェに立ち入らなかった。かなりのアナログ旅行。だから余計ガイドブックがなくて本当に本当に困った。道に迷うのはもちろん、寒い寒いイタリア・ジェノバで宿に泊まれなかったことだって・・(野宿)。

2度目の一人旅は長距離にわたる予定だったし、行くところもあんまり決めてなかったからはじめから持っていかなかった。そしたら2箇所目の宿泊地・北京で安宿がなかなか見当たらず4時間くらい捜し歩いた。それでも希望していた金額の4倍くらいのところしか見つけられなかった・・。

それからは、さすがに最初の一カ国目だけは持っていくようにしている。ガイドブックって高いけど、金額以外の情報はほぼ変わらないので、最新版ではなく5~6年前の相当安くなっている中古を買って。それで十分事足りる。それ以降は安宿で交換したりして手に入るので持っていかない。

ほんっと、ガイドブックって便利よね~。なくてもいいけど、ないと行き損ねちゃうところが出てくるから、やっぱり持っていくべし。

でもガイドブックもなくてネットでの情報収集もせずに、シンガポールエアの機内誌から破って持ってきた路線図だけを頼りに旅をしていたころは、しんどかったけどそれはそれで楽しかった。そういう旅だったからこそ思い出がいっぱい。


ヨーロッパに思いを馳せる
初めて一人で立ち入ったヨーロッパの国、ポルトガル。見るモノ全てが素敵に見えた。
ちなみに初めて一人で立ち入った国はトルコ。トルコが嫌でポルトガルに逃げたんだ。


これまでに一番長く滞在したギリシャ・パロス島。また行きたいけど次は冬に到着だからなぁ。


最近はめっきり普通にOLと化していて、4ヶ月間旅してたときのことを思い出したりすることはまれな状態。テレビで「世界ふしぎ発見」や「世界遺産」なんかを見て、あぁここの写真撮ったのに残ってないなぁ・・また行こうかなぁ・・と考える程度で、帰国して逆カルチャーショックになったりすることも全くなく、普通に淡々と一日が過ぎていく。先月まで旅行してたことを、夢だったように殆ど思い出さない。

なんだこれは。多少楽しかった日々を思い出して、懐かしがってもいいのにって思うんだけど、そんな気分に全くならない。よくよく考えてみると、アタシは南米旅行をしていて、ウキウキすることがあんまりなく、またここに戻ってくるよ!なんて思ったところもあまりない。・・・どうも南米に魅力を感じてないらしい。

だけど、やっぱりアタシはヨーロッパは特別なようで、今からあそこに行きたい、ここにも行きたい、とか考えてウキウキしている。
今回、残念なことに盗難に遭って帰ってくることになったけど、ついでに働いてから行くことにしたら、2ヶ月で稼いだ分でヨーロッパで行く予定でなかった場所にも行けそうなのだ!ヨーロッパは東欧辺りを中心に、他の国はいけないだろうなぁと思ってたんだけど、少し行けそうなのだ。うー、嬉しい。

折角ヨーロッパに行くんだから、くるくるちゃんのご希望通りベルギーあたりでがっつりビールを飲み、ドイツのノイシュバンシュタイン城を優雅に馬車で巡り、チェコでのんびり温泉入って暖まり、スロベニアのボストイナ鍾乳洞を元気にトロッコで駆け抜け、ギリシャで大好きなカラマリ食べて。ほかにも行きたいところ、やりたいことだらけ・・。

南米を旅したことなんてすっかり忘れたように、ここ最近はこのようにしてヨーロッパに思いを馳せています。沢山の国にいけるかなぁ。行きたいところ全部行きたいけどなぁ・・。そりゃ贅沢ってもんかな。

とりあえず、ヨーロッパの旅のスタートはロシア!ギリシャ文字は少し読めるけど、キリル文字はほんの少し違うから読むことも出来ない。ロシア語が話せないと結構大変なようなので、少しくらいは勉強しようかな。
それにしてもヨーロッパ、今からウキウキのドキドキです。うー、楽しみ。時期的にリゾート出来ないのだけが残念。

長野 安曇野旅行へ
パタゴニアに行かなくても、日本でも綺麗な川や緑はあるのよ。こちらは上高地。


こちらは安曇野のわさび農園の脇にある川。すごい綺麗~。



帰国してから3週間も実家でゴロゴロと猫と遊んでた日々にも疲れてきて、やっと昨日から働きにいっております。
アタシは元々派遣で働いているから頼めば結構すぐに短期の仕事が見つかるんだけど、今回は仕事なさそうだと言うことだったので無理かと思ってたら、これまでに短期で2回仕事をもらった職場がまた短期であるってことで、慣れたところでの仕事になって気分的にとっても楽に仕事してる。

ダンナの方はっていうと、もう帰国して4週間目になってしまい、さすがにやることがなくて「早く仕事行きたい」と言っている。なかなか仕事が決まらなくて困ってたけど、やっと今週の土曜日から行くらしい。でも6月はあんまり仕事無いらしいので残念。アタシも残業が全くない職場なので、頑張って働くってことが出来ないし。がむしゃらに働きたいときに限って、そんなに働かせてもらえないんだよね。

再出発の日程も決まった。2008/8/15に神戸・三宮から中国・天津行きの船、燕京号(やんじんごう)に乗って北京の友人宅へ。アタシは燕京号2回目。少し船酔いした。今回も少し酔うかな・・。少しだから大丈夫かな・・。

北京ではオリンピックが見られたらなぁと思ってるけど、友人が持ってるチケットがアタシたちが到着する前に開催されるものなので、とりあえずはマラソンを見るつもり。ほかには折角なのでもう一度万里の長城を見に行きたい。あとは友人宅でゴロゴロ。でもビザが切れる15日間以内に中国は出て、モンゴル、ロシアへ。その後は行き当たりばったりヨーロッパの旅。その後はアフリカへ。ロシアを含めたヨーロッパ旅行がとっても楽しみ。中米には行けたら行くかなという感じ。

南米の旅は途中で終わってしまったので、できればまた行きたいと思ってるけど、中米に行けなかったらもちろん南米もない。そうするとガラパゴス諸島を廻ることも諦めることになるけど・・。前回、盗難に遭う前にイキトス行きのエアだけは予約してあったから行ったけど、毎日土砂降りで、アマゾンに1泊で行きたかったのに日帰りでしか行けずに残念だった。日帰りでたった数時間しかアマゾンで遊べなかったけど、ピラニア釣りとかジャングル探検とかなかなか楽しかった。けど、盗難直後で元気がなかったから、出来ればアマゾンにも再チャレンジしたいな。


写真の場所は上高地と安曇野。先週末、安曇野1泊旅行にダンナと義母の3人で行った時に寄ったんだけど、さすがマイカー規制して高いバス代払って行くだけあって、パタゴニアを思い出す(そこまで壮大では無いけど・・)ほどの綺麗さ!川の水も青く澄んでいて、日本でもこういう自然が一杯だなぁと関心してしまった。ちゅーか、岐阜・長野なんて緑が多すぎじゃない?中国や東南アジアで伐採なんかしなくても、日本で全然まかなえるんじゃないかと思うくらい。そんなにはないのかなぁ・・?

とりあえず仕事は2ヶ月。日本に居る間にみんなに会えるのを楽しみにしてます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。