スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い通りにならないモンゴル
モンゴルの首都、ウランバートルに来てます。ここはすでに冬。風がすごく冷たい!夏の北京から秋を通り越して一気に冬に来てしまった。

北京から大同は寝台列車の3段ベッドの最上段でダンナと隣り合わせで寝ていたんだけど、ダンナが熱にうなされて可愛そうだった。でもビザが切れちゃう前に中国を出国しないと、もしかしたら罰金1日500元(8000円)を払う羽目になるので、頑張ってもらった。

大同到着後、控えていた宿に向かったらドミはフル。個室なら空いてたけど、ドミの倍以上の値段を払わなくてはいけなくて、他を当たったら個室でドミより20元(320円)高いだけのところがあり、決定。
その後、本当は熱を出しているダンナを置いて、アタシだけツアーで観光に行こうと思ってたのに(病人を置いて行くつもりはなくて、ダンナが写真を欲しがるからね!)、ダンナが行きたいと言うので、仕方なくタクシーをチャーターすることに。ツアーよりちょっと高くなるけど、融通が利くし、熱にうなされるダンナも横になれたから、結構楽だったみたい。
アタシだったら熱があって観光なんて出来ないと思うんだけど、そういうときに動けるダンナはすごいなーと感心する。でも帰ってきたらグンと熱が上がっていた。やっぱり熱があるときはゆっくりするが一番です。
観光の方はというと、雲岡石窟が素晴らしかった。日本にでかい大仏なんてそんなにないのに、他の国で大仏見ると、どこの国も馬鹿でかいのが沢山あってスケールが違う。更にここでは岩を削って作られてるなんて!
ヨルダンのペトラも石窟になるのかな?アタシはどうも石窟好きらしい。

石窟大仏!でかいでかい!!


翌日はバスで朝から国境の街までまた移動。まだ熱があるダンナは本当に可愛そうなんだけど、自業自得かなとも。移動中、2回ほどトイレに行ったけど、うんざりするような表現しがたいモノだった・・。ダンナが言うにはすんごいクッサいらしい。こういうときだけは嗅覚が無くて良かったなぁと思う。でもダンナに「口からでも臭わない?」と言われたから、相当な臭いだったんだろう。
北京に居たとき、「中国綺麗!中国好きかも!」と思ったけど、間違いだった。やっぱりあそこはオリンピックに沸いてる首都であって、地方は全く未整備。あんなトイレ、吐き気がするわ。


国境に着いて、ついでにモンゴルに入れるかバス停で聞いてみたら、まだ行けるってことでその日に国境越えをして、更に国境からウランバートルまで、親切な女性に切符を買ってもらうことになり、でもうまく意思疎通が出来なくて、エクスプレスという12時間で着く寝台しかない高い金額の電車だった。
更に寝台のチケットも購入できてなくて、でも乗れば準備されるとのことで、通路で待っていたけど、なぜかアタシ達夫婦と1人の男性だけがいつまで経っても部屋がない。女性車掌を呼び止めてまだか聞いたら、ちょっと待ってと行ってどっかへ行ってしまう。
1時間ほどしてやっと部屋が用意されて、ほっとしたのもつかの間。聞いてた金額の倍近い金額を言われてビックリ!そんなの聞いてないと伝えて、親切な女性に聞いていた金額を電卓で叩いたら、ほぼその金額に。なに?日本人だからぼられた?
本当は翌日になってもいいからもっと遅くて安い電車に乗ろうと思ってたのに、意思の疎通が出来ないばかりに電車に乗せてくれようとしてとても親切にしてもらったのに、自分の思ったようにいかずに裏目に出てしまった。

到着後は客引きが居るらしいことを聞いてたけど、良い電車に乗ってきたからだろうか、全く客引きが居なくて、仕方なくタクシーに乗って聞いてたゲストハウスに向かったはずが、同じ名前のゲストハウスが遠くにあるらしく、タクシーはそちらに向かっていたらしくて、途中で降りて自分たちで探す羽目に。タクシーも少し走るとメーターがすぐに上がって、あっという間に6000tg(600円)。中国よりずっと高い。中国なら200円くらいで行けそうな距離なのに・・。
なんとかゲストハウスに着いて、洗濯。3000tgと聞いてたのに、二層式洗濯機の脱水が1回で出来ないからって、なんと倍の6000tg・・。どこの国に行っても洗濯に600円も払ったこと無いよ。

外食も中国の安食堂よりは全然高いし、美味しいかと言えば微妙だし。モンゴル、全然安くない。更に見所もそんなにない。あんまり楽しそうじゃない。馬には乗る予定だけど。

やっぱりアタシは洗練された国の方が性に合うなー。

スポンサーサイト
北京最終日
なのになのに。ダンナが高熱でダウンしてます。でも今日の夜行に乗らなければ行けないので、薬で熱下げてたんだけど、昼寝から起きたら更に熱が上がっていて、病院へ行くことに。
保険屋さんに電話して、一番近い場所を教えてもらったら、今居るところのセンター内にあった!そういえば日本語が書いてあるお医者さんが、地下にあったんだ。すんごい近くてよかった。
で、ダンナは熱を下げるべく、もらった薬を飲んで再度睡眠に入りました。熱が下がってくれることを祈る。

本当は夕べから熱があったんだけど、今日が北京最後の日になるから、北京動物園に四川から来ているパンダを見に行く予定を立てていた。でも熱が下がってなかったらアタシだけ行って、写真を撮ってくるって言ってたんだけど、ダンナもどうしても行きたいとか言うので、持ってきてた解熱剤で熱を下げて行くことに。

動物園開園時間7:30を目指したのに、到着したのはパンダ館の開館時間8:00を15分ほど過ぎた頃。パンダは朝ご飯中にたくさん動いているらしいから、間に合わないといけないので走ってパンダ館へ。

そしたら。

わらわらパンダ。


仲良しパンダ。


ハニカミパンダ。


寝パンダ。


超かわいい~~~!!子供パンダが8頭もいました~~~~!!!
早起きして行ってよかった!やっぱり早起きは三文の得ですね!
こんな沢山のパンダ、もう一生見られないだろうから、沢山見ときました。でもまだ名残惜しい。ちなみにダンナはパンダ見ること自体、初めてだって。

パンダは通常猫のように20時間くらい寝るらしい。だから食事中くらいじゃないとあんまり見られないんだって。だから朝ご飯または昼ご飯中に行かないと、楽しめないらしい。

パンダを満喫した後は、獅虎山ってところに行ったんだけど、全然山ではなく、ライオンや虎などが殺風景な檻に閉じこめられて、囚人みたいで可愛そうだった。

ほかにもこんな可愛い子も。誰ですか?


パンダ見た後も、ダンナの調子が良かったのでちらちらっと故宮を見に行ったんだけど、熱が上がらないか心配で、大丈夫か聞いても「熱ないから大丈夫」と言うから、予定より長く見てしまった(と言っても1時間半くらい)。でもやっぱり熱が上がってしまったから、ゆっくりさせとけばよかったなぁと後悔。

でも後悔先に立たず。頑張って、今夜移動します。
モンゴルビザ、ゲットです
いやはや、モンゴルビザ取得にはヒヤヒヤしました。
到着後すぐに行っていれば良かったのかも知れない。でも外国人臨時住宿登録の関係やオリンピック入場の関係でパスポートが手放せないと思って、なかなか行けずにいた。でもどちらもパスポートは不要ってことで、やっと金曜日に提出しに行った。
提出後すぐにカメラの盗難で、ビザ代の振り込みができず、今朝、銀行へ振り込みに行ったら「出来ません」って・・。なんでー!?

実は今日振り込みして、モンゴルビザを受け取れないと日数的に間に合わないかも知れなかったのだ。
中国からモンゴルへの国境越えをバスでエレンホトという町まで行ってしようと思っていたんだけど、エレンホトの国境が土日は空いてないということを、今日知った(未確認だけど多分そのはず)。予定では今度の土日のどちらかで国境越えをしようとしてたから、大慌て。予定変更を余儀なくされ、モンゴルまでのルートを検討しなおし。そしたら明日北京を発てば、ぎりぎり金曜日にエレンホトから国境越えが出来ることが判明(途中、大同観光で1泊する)。

銀行は今いる場所から一番近い中国銀行へ行って却下されたんだけど、一か八かで受け取り時間前に大使館から一番近い中国銀行へ行ったら、あっという間に。簡単に。振込完了。
それを持って走ってモンゴル大使館へ。無事受け取り完了!
その後、そのまま北京駅へ移動して、外国人窓口に群れる中国人をかき分けて明日の大同行きの夜行を購入。予定してた列車よりランクが上の、北京西駅から出ている早朝着の列車しか取れなかったけど、それでも取れないよりはいい。

ということなので、明日にはすっごい居心地の良い友人宅を離れ、安宿生活が始まります。あー寂しいなぁ。ずっとここに居たいなぁ。こんな高級マンションからドミトリーとかって、天国から地獄・・。
でもそれがアタシ達の旅なので仕方ない。諦めて、改めて、世界一周第二弾を始めます。ブログもこんなに頻繁に更新出来ないと思うけど、でも、よろしくね。


昨日は予定通り、鳥の巣に男子マラソンを見に。
鳥の巣へ行ける地下鉄の線にはオリンピックチケットを持ってないと乗ることさえ出来ないという(近くで見ることが出来ない)魅惑の鳥の巣は、ふーん、てな感じでした。テレビでしょっちゅう見てたからかしら。感動があまりなかった。でもダンナは喜んで、買ったばかりのカメラでバシバシ撮ってましたよ。写真を撮ってるときは不安でそばから離れることが出来なかった。使い終わったら、すぐに取り上げてアタシのバッグの中へ。お互いストレスが貯まります(笑)。

鳥の巣ではゴールの近くに席を取ってたので、間近で応援出来た。ワンジル、ゴール!


最後にゴールの佐藤選手。完走おめでとうございます。お疲れ様でした。


チケットをくれた当の友人は、夜勤明けでタクシーとばして来たのにゴールに間に合わず。でも鳥の巣に入りたいってことで、一応会場まで来たらしいんだけど、ゴタゴタして入場できず。可愛そうに・・。でも、タクシーで佐藤選手の後ろ姿を見たようです。それだけが救い。


夜は夜で、中国雑伎団を鑑賞しに。
7月8月のオリンピック時期だけやってる世界最高峰という雑伎を見にいったんだ。一番安い80元の席を買ったら、前の方が空いてるってことで(多分)380元の席に移動させてもらい、それもそれも、中央辺りで見られてほんっと良かった!世の中悪いことばかりじゃないですね。
カメラ持ち込み禁止だったから写真はないけど、とにかくすごい!演出、衣装がすばらしく、更に一番重要な技がすばらしい!人間業じゃない・・。時間も2時間と(多分)長め。
また見たいな~。でも普通は1時間くらいで値段も250元くらいするらしいから(未確認情報)もう見れないだろうなぁ。ミュージカル等が好きな人には絶対お勧め出来ます!
オリンピック野球三位決定戦!残念!
さてさて、待ちに待った三位決定戦に行ってきました。
安いチケットを買ったので、座席は外野。外野って全然見えないんだね(アタシ、野球にはとっても疎いざんす)。オペラグラスで見てたけど、誰が誰だか(元々よく知らないけど)。

初めのうちは点を取って楽しく観戦してたんだけど、アメリカに4点先取された時点でちょっと諦めモード。でももっと近くで応援しようってことでファースト側に席を替わろうと移動することに。実は指定席のチェックが全然されてないの。何のためのチケットなのか・・。

移動しようと歩いてたら、ブルペンをのぞけたんですよ。

こちらはダダッダダッダ!ダルビッシュ!このすぐ後、登板。


先輩ダルからタオルを受け取ったマー君。


この後場所を変えてぼんやりしてたら、マー君が出てきて目が合っちゃった。アタシはサングラスかけてたけど。その場にはアタシしかいなかったから、絶対アタシと目が合ったの!(ミーハーですいません)

でも・・残念でした。銅メダルくらいは取ってくれると思ってたんだけど・・ね。


終わってから北京のシリコンバレーと言われる中関村へ。

デジカメ。
買いました!
しかもしかも。
旅第一弾の時に持ってたヤツの後継機!

魔が差しました・・。
でもまぁダンナが元気に喜んでいるので良しとします。
早速明日、男子マラソンでデビュー。
今度こそ・・今度こそは!!
旅再開から数日ですが
はじめに断っておきますが、うちのダンナはヨメのアタシから見ても、アタシとは正反対で人当たりが良く、仕事もなかなかの頑張りやさんで、人間的にとてもいい人なのです。初めて会ったときの印象は「太陽みたいな人」だと思い、未だにそう思ってます。ダンナは今でもアタシの心を照らす太陽です。

そのような人と結婚できて、本当に幸せ者だと思って過ごす毎日ですが、ダンナの最大の欠点だけにはほとほと困っていて、皆さんの力をお借りしたいと。

えーっと、今日は午前中にモンゴルビザの申請にモンゴル大使館へ行きました。
大使館前にはビザ取得のために何人か並んでいたんですが、その時に短パンを履いていたダンナは足を蚊に食われて、一人でバタバタやっておりました。虫さされの薬を探したり、足をじたばたさせたり、薬を塗ろうとしてパスポートを落としたり、電気蚊取りを落としたり。端から見てて鬱陶しいほどドタバタと。

そんなことも合ってなのか関係ないのか判りませんが。
中国に上陸してまだ6日です。
まさかこんなことになろうとは。

カメラ。
盗られました。

よその国とは言え、大使館といえば警備員がたくさんいて、とっても安心出来る場所。
なんでそんなところで・・。

もうアタシの手には負えません。
助けて。

ということなので、どうしたらカメラを「無くさない・落とさない・盗られない」が出来るようになるか、どなたか良い案をお持ちでしたら伝授ください。
当分はカメラはアタシが持つことにするんですが、使用者はダンナなので、いずれはダンナが自分で持ちたくなるだろうと思うので。
メールでもBBSでも結構です。色々な案、待ってます。

今まで一緒に5回の海外旅行に出てますが「無くす・落とす・盗られる」で5つのカメラがやられてます。
今回はさすがにショックで、警察でレポート書いてもらってから友人宅へ戻り、缶ビール6本を一気に煽って、ふて寝しました。
飲み過ぎでちょっと頭が痛いです。カメラのことを考えても頭が痛いですが。
ダンナはカメラが大好きで大好きで仕方がないようですが、アタシはカメラというものが憎くなってきています。

まぁそんなことがありましたが、友人にカメラを借りて、友人からもらったチケットで初オリンピック観戦してきました。
近代五種というやつです。日本人は出てません。
よくわからないけど、一人で5種目やるんだって。今日は乗馬とランニング見ましたが、なかなか面白かった。

これは乗馬。


これはパンダ。


明日はまんまと日本が3位決定戦だそうで。当たりチケットを買ってしまいましたので、楽しんできます。
ちなみに明後日の男子マラソンもチケットもらっちゃいました。鳥の巣に行ってきます。3日連続オリンピック観戦。オリンピック三昧。
司馬台長城に行ってきた
今日は友人の仕事が休みだったので、司馬台長城に連れてってもらいました。
万里の長城では八達嶺の長城が一番有名らしいんだけど、アタシはどーしても司馬台に行きたかった。そして友人も八達嶺は3回行ってるけど、他は行ったことがないようなので、みんなで行ってきた。
(みんな=友人、ダンナ、船中で知り合った医者の卵(この人はソファで寝てます))

司馬台は相当行きにくい場所のようで、普通ならバスとタクシーを乗り継いで4時間くらいかかる場所にあるらしい。更にバスは土日しか出てないよう。友人の車だったから片道2時間で着いたけど、そうじゃなかったら断念したな。でも絶対に司馬台に行きたかったのだ。

なんで、そんなに司馬台にこだわるかというと。

空中速降という、こんなのでダムの上を一気に渡りたかったから。ただそれだけ。楽しかったー。


ちなみに司馬台の入場料は40元、この空中速降も40元。たった1分ほどなのに。
万里の長城自体は、いろんな乗り物に乗って登ったのに結構大変で意外に歩いた。空中速降を待つ間、膝がカクカク笑ってた。

夕飯は、毎晩連れてってくれると言いつつ、企業戦士の友人が忙しくてなかなか実現しなかった北京ダックをやっと食べに連れてってもらった。


北京ダックはもちろん美味しかったけど、他にもいっぱい注文してくれて、全部美味しかった!中華大好き!!

帰宅後の今、テレビでオリンピック野球(日本アメリカ戦)を男3人で楽しそうに見ています。女一人でちょっと寂しいけど、楽と言えば楽だな。
中国マッサージ
昨日、無駄に歩いて筋肉痛になった30代夫婦です。なので今日は友人に、マッサージに連れてってもらった。
2時間みっちりで(全身1時間+足裏1時間)1人120元(1920円)。安いでしょ?この値段だと日本で足裏20分でもちょっとお金が足りないんだよね。タイに比べりゃ高いと言われるかもしれないけれど、日本人には中国マッサージの方が合うと思うので、アタシはこの値段なら中国に一票。

中国のマッサージは男性客には女性スタッフが、女性客には男性スタッフが付くようで、もちろんアタシは女なので男性スタッフが足裏モミモミ背中もモミモミするんだけど、華奢で可愛い男の子だったので「このばばあ、足裏ガチガチじゃねーか」とか思ってないか、気になって恥ずかしかった。とか言いつつ、足裏揉まれてる最中に爆睡してたけど。はは。
それにしても気持ちがよかった。中国離れる前にまた行ってきます。

今日は友人が休みだったので、友人の車で昼食→イトーヨーカドー→マッサージという順に連れてってもらったんだけど、今日の写真は友人おすすめのギョーザ屋で。

ナマズの水煮。水煮とか書いてあるのに、油煮なのだ。脂っこくて辛いんだけど、おいしかったー!


餃子のメニューが100種類くらいあったみたいで選びきれず。


毎日辛いモンばっか食べてるから、ダンナの胃腸が壊れ気味に。胃薬でがんばってるようです。
北京に到着
無事北京に到着しております。

天津までは燕京号という船で2泊3日。2度目の乗船なのだけど、雰囲気等なにも覚えていなかった。最近は自分の記憶力にめっきり自信がありません。
船で揺られてたからか、未だに頭がふらふらして倒れそうに。三半規管が弱いんすね。

船泊2日目の夜間は酔った。でも今回は船内で販売していた酔い止めを飲んだから、ヘーキだった。
しかし、3日も船内にいるとやること無いから、朝ご飯→江戸川乱歩読む→昼寝→昼ご飯→江戸川乱歩→昼寝→お風呂→夕飯→江戸川乱歩・・・と延々続けて、腑抜け状態。

移動等が面倒だったけど、無事北京の友人宅に到着して、友人からあてがわれた部屋でゆっくりくつろいでます。高級マンションの29階は、すばらしく眺めがよくて感激。勝手にビール飲んでいいって言ってくれるし(別に脅してないよ)当分北京を満喫しようと思います。

一日目の今日は、とりあえず世界遺産の天壇へ。外観はなかなか綺麗な色でよかった。でも内部にはあんまり興味がなかったから、ダンナにだけ入ってもらって感想を聞いたら、沖縄の首里城みたいだと言うので、入るのやめた。

その後はパンダマトリョーシカを求め、てくてく歩いて自由市場へ。てくてくと言われると数分~数十分だってイメージがありますが、なんと2時間も歩いてしまった。

こんな水際を歩いてみたり。


オリンピックらしいところを歩いてみたり。
一人だけパンダが混じっているの知ってた?


こんなに歩いたのにパンダマトリョーシカは発見できず。久しぶりに無駄に歩いて疲れた。
それにしても、8年ぶりの北京はとっても綺麗なトイレがあって、とっても都会になっててビックリです。8年前のが面白くはあったけど、やっぱトイレはドアが付いてて綺麗なほうがいいですね。
着々と準備中2
まだまだ準備中の毎日です。

ドイツのライン川下りが終わった日からフランス入国まで、約10日あるのだけど、その期間はほぼすべて予定通りに動くことに。期間も短いし、その間だけ病気にならないように気をつければ予定通りにしても問題なし。ツアーだと思えばいい。
だってねー、国際バスとかも予約しとくとすごく安くなるんだよー。EUROLINEのバスでブリュッセルからパリなんて、たったの8ユーロ!あんまりにも安いから、行く予定してなかったロンドンにもドーバー海峡超えて行ってきます(この区間は8ユーロではない)。ストーンヘンジ、見てきます。
てことで、行く先々の宿予約や移動手段の準備中。ブリュッセルではリッチに三つ星なんて泊まっちゃいます。
でも、☆☆☆って言っても、2人で58ユーロ。ちなみにブリュッセルのYHは1ベッド(ドミ)20ユーロ近く。2人で40ユーロ。なんで☆付きのホテルがこんなに安いのブリュッセル!


薬が足りなくてどうしようかなーと思ってたら、つい先日、電車の中で発作が起きて、職場から数分のところにある呼吸器科のあるお医者に行って点滴を打ってもらった。その後、診察をしてもらったときに先生に色々聞かれて、「1年くらいヨーロッパに住む」なんて適当に言っちゃったら、「ヨーロッパの医療費は本当に高いから、必要な分の薬を出してあげるから持って行きなさい」と・・。
適当に1年なんて言ってしまったけど、実際は8ヶ月くらいで帰ってくる予定なんだよねー。でも10ヶ月分もの薬を処方してもらっちゃった。ほかのお医者さんにも5ヶ月分もらってたし、7ヶ月分も多く薬を確保してしまった。
こんなにポンっと出してくれる先生もいるんだなぁ。ほかの先生はがんとして出してくれなかったのに。すごい親切な先生だから、帰国したら診察に行こう。それにしても薬代、すーごい高かった。

で、北京入りするのに、やっぱり8ヶ月もの薬があると入国が大変そうなので、とりあえず2ヶ月半分持って行って、残りはフランスで会うAに持ってきてもらうことに。今日、夕飯がてら預けてきました。

それがこれ↓ 半年分1.5キロあります。


いややや、人にこんな大量のモノ託すのもどうかと思ったけど、中国なんぞ信用ならんし、お願いしてみたら「いいですよ」って・・。優しい人だ・・。ありがと!無事フランスまで持ってきてね!それないと、アタシ死ぬから!

着々と準備中
出発前の準備って2回目だよなー・・・、なんて思いつつ、再出発の準備を着々としております。

まず、ロシアビザは無事発給されました。ブラジルの時もちゃんと発給されるか(片道チケットでの申請だったから)ドキドキしたけど、今回もちょびっとドキドキ。何せビザ申請の制限が厳しいと悪名高い(?)あのロシア。代理店任せだったからか、全く問題なく。


あと、オリンピックではマラソンだけ・・と思ってたけど、折角オリンピック期間中に行くのに、マラソンだけってのも何だかなぁと思ったので、ヤフオクでチケット買っちゃった。まだ届いてないけど。特に興味がある訳じゃないけど、野球3位決定戦を落札。だから非国民なことを言うけど、やっぱり日本戦が見たいから、日本は銅メダルを狙ってもらえたら・・なんて。
なんで3位決定戦っていうと安かったから・・。決勝は半端ないくらい高くってー。手が届かない。

それ以外には、ダンナが盗難にあったものを揃えてるけど、アタシはコロコロの付いたボストンバッグを購入。今回、薬を大量調達したんだけど、とてもバックパックに入る量じゃないし、今までバックパックからはみ出したものを手提げのバッグに入れてて、とても重くて辛い思いをしてたから。コロコロ付きだと、だいぶ楽になれるー。ホッ。

あとは、料金的にまだ決められないフランスのレンタカー。フランスはX社A(口数が少ない方)が休暇を取ってやってくるので一緒に廻るんだ。Aはもう飛行機のチケットを取ってあるから、フランスの予定はほぼ決定。あとはレンタカーを予約するだけ。
それに伴って、ドイツに入る日も大体決まってきたので、ドイツ鉄道の席をネット予約した。ドイツ鉄道DB(Deutsche Bahn、ドイチェ バーン)は早めに予約するとすっごい安くなるの。今回予約したチケットは定価の4分の1程度。ジャーマンレイルパス(ユーレイルパスのドイツ版みたいなの)を買うより、全然安く買えた。予定が決まってたら絶対!予約するべし。
詳しい購入方法は → ただいま実験中!fromロマンチック街道

他には・・そうそう。以前から旅行の支出をエクセルでつけてたんだけど、現金で払っただのカードで払っただのドルキャッシュ使っただの、なんてあるとゴチャゴチャになってしまって、最終的に移動費とか食費とかの管理がしにくかったから、ボタンをポンでちゃんと計算する仕組みをVBAで作った。暇だったから・・。今後はお金の管理が楽ちんになるわ。

こんなにちゃんと準備してるのに、大量の薬のために中国で入国拒否されたらどうしよう・・なんて危惧してます。大丈夫かしら?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。