スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MTV Winter Valencia
今日は夜MTVのイベントに行ってきた。あんまり興味ないけど、暇だしタダだし行ってみるかっていうことで。
でもせっかく行くなら、曲を知った方がいいと思い、この日のために数日前から出演アーティストの音楽をかけて予習をしておいた。1組は知ってる曲があったけど、他のグループは全然知らんかったから。

会場は以前のブログでも紹介した「Ciudad de las Artes y las Ciencias」。ここの屋外で20:00から。
うちから歩ける距離なので、20:00を過ぎてテクテク歩いていくと、若者がぞろぞろ。やっぱタダの威力って凄いわ~。20:30を過ぎて会場に入っても、空間にはまだ余裕がある。やっぱり大トリにならないとお客が入らないのかしら。

出演アーティストは以下の通り。
Franz Ferdinand
Starsailor
Mando Diao
Polock

最後のPolockってのは見てないから、到着前に終わっちゃったんだろうな。webサイトでもこのアーティストの写真は載ってなかったから、人気ないのかな。
アタシ的にはスウェーデン出身のMando Diaoが一番良かった。ボーカルの子が「次長課長」の井上似(柳楽優弥似とも言う)で可愛かった。
Franz Ferdinandは結構人気があるようで、アタシも聞いたことがある曲を何曲かやってた。家で聞いてたときはやけにうるさく聞こえてたけど、生で聞いたらなかなかよかった。

Franz Ferdinandにはやっぱりお客が増えた!


1組1時間、計3時間のコンサート。タダでこんなの聞けるなんて、外国ってすごい。

他の国でもMTVのライブは無料?


ところで今朝トイレに起きたら、外がやけに明るい。もしや・・と思ったらやっぱり寝坊してました。目覚ましを元から切る(スヌーズされないスイッチ)習性があるので、ダンナの側に置くようにしないと・・。
今日は学校休んじゃった。

*スペイン語一口メモ
コンサート → (el) concierto(コンシエルト)
今日、無料のコンサートに行った → He ido al concierto gratis hoy.
スポンサーサイト
家庭教師
先週から金曜日に家庭教師の先生の授業を受けています。
元々は同居人Nっつの先生なんだけど、Nっつが話をしてくれて、3人が一緒に受けてもNっつが受けていた金額と同額でいいよと言ってくれたので、お言葉に甘えて授業を取ることにした。

学校では15人前後の生徒(徐々にクラスの人数が増えていった)に対して1人の先生だから、やっぱり全員に目が届かないし、授業が進むのが早すぎてついて行けなくなっていた。だから3人とは言え、家庭教師だとわからないところが自由に聞けるから、週に一度はこんなの有りだな~とつくづく思う。3人で割ると、授業料が結構安いのも魅力。
合わせて週4回の授業。多すぎても自習時間がなくなっちゃうし、ちょうどいい案配かと。

で、文法や語彙を覚えるのは増えてきてるけど、話せない・・。話す機会がない。クラスメイトと話す機会もほとんどないし、帰ってくると日本語ばっか話してるし。ぜーんぜん成長してないみたいで、もうちょっと何とかしないとな、と思ってるんだけれど・・。バレンシアに来てから何も変わってない。あははー・・はーー。

昨日は、ガリバー旅行記のガリバーが居る公園に行ってきた。
ガリバーは捕まって横になってるんだけど、上空から見ないとガリバーだと気がつかない。子供用の公園で、子供達は楽しそうに滑り台から降りてきていた。

子供が一気に降りてくる滑り台


でかすぎて写しきれないガリバー(頭部)


わざわざ行ったガリバー公園も、大人には面白味に欠けるので、近くのパラウ・デ・ラ・ムシカへ向かったところ、休館・・。
でもその近くに桜が咲いてて!日本だとまだまだだろう桜だけれど、今7分咲き程度。ちょっと早いけど、軽くお花見しときました。

桜の下で勉強勉強!


春ですな~


満開になる頃にワインとお弁当持って、日本流のお花見しに行ってきます!

*スペイン語一口メモ
桜 → (el) cerezo(セレソ)
私たちは花見に行きます →Vamos a ver al cerezo.
おまけ付き新聞
おまけに弱いのは何も日本人ばかりではない。
ここ、スペインもおまけにかなり弱いようで、雑誌なんかには、フィギュア、キティ雑貨、はたまた洋服なんかも「おまけ」として付いてくる。なんて素敵なことでしょう。

こういった国なので新聞にもおまけ付きの物があり、アタシはDVD付き新聞というのを買っている。というか、同居人Nっつが毎週買ってきてくれる。
この新聞「Público」は、もちろん毎日発行されてるのだけれど、毎週金曜日にはDVDがおまけとして付いてくる。映画好きのアタシとしては買わないわけにはいかんでないの。ちなみにこの新聞、毎週土曜日はクラッシックCDがおまけ。
で、気になるお値段はというと・・1.5ユーロなの!DVD1.5ユーロって激安じゃない??新聞付きだし(考え方が逆だけど)。なので、嫌いなジャンルの映画の週でも購読。

そして今週のDVDはと言うと・・

「千と千尋の神隠し」!!


ラッキー!日本語の映画が見られる~ぅ。やっぱり多言語で映画見るのって、内容が重けりゃ重いほど意味わかんないから。久しぶりに宮崎アニメ見て、まったりします。

週一なのでなかなか集まらない・・


アタシは日本では手に入らないようなマイナーな映画が欲しいんだけれど、意外と有名どころが多いんだよね。
以前、Nっつが持っていた「髪結いの亭主」が欲しかった。実はこのDVDは日本に持ってるんだけど、1.5ユーロならもう一枚あってもいいかと思ってしまう。この映画、大好きだし。こういった素敵な映画は、購読を始めてから1度も付いてこないので、ちょっとがっかり。

このDVD付き新聞は金曜日のみに発売されるので、買い忘れたからと言って翌日まで残っていることはない・・とのことなんだけれど、セントロのPlaza de la reina(レイナ広場)からrenfeのValencia Nord駅に向かう途中にあるキオスコに、新聞なしでDVDのみ売ってることがある。売れ残りだと1ユーロで。

スペインに来たら、お土産にいいんでないかと。アタシなら、これもらうと超嬉しい。日本とリージョンコードが違うのが玉に瑕だけど。

*スペイン語一口メモ
新聞 → (el) Periódico(ペリオディコ)
私は新聞を読んでいる → Estoy leyendo el periódico.
初めてのオリエンテーション
昨日はダンナのクラスで、3月の火祭りに使う人形を見に行くという。それで先生がアタシのことも誘うように言ってたらしく、学校に行ったらうちのクラスの先生にはもう既に了承済みで、1人授業を抜け出してダンナのクラスに合流。

うちのクラスはそうでもないのだけれど、ダンナのクラスはみーんな仲良しでとてもうらやましい。授業内容は歌ったり、鳴き声を言ったりと、本当に幼稚園みたいなクラスだから一緒にやりたくはないけど。
昨日も学校から人形の飾られた場所まで、みんながぺちゃくちゃとおしゃべりしながら楽しそうに歩いてるのを、横目で見ておりました。
その中でもダンナは可愛い顔のロシア人の男の子に好かれちゃってるようで、2人でとってもつたないスペイン語で話をしてます。まぁ、自分も相当つたないんだけれど、2人はそれ以上なので聞いてて結構面白かった。

肝心の火祭り人形。こちらはもちろん期間限定で、ここで1位に選ばれた人形以外は、火祭りの時に火の中に投入されて、燃やされるらしい。1位に選ばれた物は、火祭り博物館にて永久保存。

ずらずら~~っと沢山の人形が並んでいる


左はトイレで頑張る人、右は・・?


浴衣姿の日本人婆さん


スペシャルコーナーにあった、絵のような素敵な人形


ここ、無料かと思いきや、大人2ユーロと有料。でも先生が全員の分を払ってくれた!無料の学校に行っておきながら、払ってもらうなんて・・。先生ありがとー!今度、何かの形でお礼がしたい。何が良いだろな。


*スペイン語一口メモ
人形 → (la) muñeca(ムニェカ)
男の子に人形をあげる → Doy una muñeca al niño.
週末お祭り
週末暇だったので、Requena(レケーナ)というバレンシア産のワインで有名な町へ行こうと友人達を誘ったら、ちょうどレケーナでお祭りがあるとのことで、それは是非!と4人で行くことに。
レケーナまでは結構近いので電車で行こうと思いきや、近い割(片道1.5時間)には電車の本数が1日4往復と少ない。10:00頃出発したかったのに8:00頃か12:00過ぎしかなく、これじゃあんまりにも酷いのでまたまたレンタカーを借りた。
電車は往復7.4ユーロかかるのだけれど、1日レンタカーは28ユーロ。4人で行くので1人当たり7ユーロ。それにプラスガソリン代。これまた安くて、今回は1人3.5ユーロほど。1人約3ユーロ足せば楽に移動が出来て行動範囲が広がるので、バレンシアではやっぱりレンタカーですな。

高速をレケーナ東の出口で降りてみたら、警察が駐車の誘導をしていて、この辺で祭りが?と思ったけれど、そこは駐車をするためだけの場所で、セントロへは無料バスが送迎していた。ちなみに駐車した場所は路上。路駐するために警察が誘導するってのも何か変。
その無料バスに乗り込み、セントロへ。セントロへ着いてからは、他の人が行く方へ着いていくと沢山の人だかり。祭りだ~。

実は何のお祭りがやってるのか知らずに行ってみたんだけれど、豚肉祭りだったようです。ブタのバーベキューやソーセージやチョリソーや、ブタだらけ。それとワイン。

ブタ祭りのブタ君


ブタ祭りのブタバーベキュー


大量の芋


このお祭りではワイングラスと料理用の器、それとワインやソーセージの交換券がセットで9ユーロで売られている。ワインは2杯もらえて、更になみなみと注いでくれるのは嬉しい。でもそれを持ってウロウロすると、人混みでワインをガンッとぶつけて溢れてしまうので洋服にこぼす危険が伴う。なので、もらったら即座で1~2口いくしかない。

3口ほどいったあとのワインと、先に紹介したブタBBQと芋


ソーセージ等はこの人混みに突進してもらう


趣旨が豚肉ってことで、食べてばっかり。ソーセージやチョリソーはあまりの量にみんな「当分いらない」なんて言ってましたが、アタシはチョリソー大好物なので残り物はすべて胃に収めようと思っています。
でもここのは、またしょっぱい・・。そのまま完食は無理っぽいのでチャーハンにでもします。
ちなみにワインのお味は、ちょっと水っぽい感じ。飲みやすいけど美味しいかどうかは。どうなんでしょ。アタシはそんなにバレンシアのワインは好きじゃないかも。

お腹も満たされ、次は観光だ!と思ったけれど、レケーナは特に観光するところがないようだった。でもそれじゃ勿体ないので、隣町のUtiel(ウティエル)に行ってみた。ここも同じようなもんだった。日曜ってこともあるかも知れないけど、活気のない町だった。

その後バレンシアに戻って、horchata(オルチャタ)というものを戴きにオルチャテリアへ。スペイン語は名詞の最後の文字を●●eriaって風に変換すると、●●屋になるから簡単でよい。
チュファと呼ばれるかやつり草の地下茎をすりつぶして砂糖を加えた飲み物・・らしい。あんまりよくわからんけれど、根っこなんですね。
アタシは頼まず、ダンナが頼んだ物を少しもらったけれど、練乳をちょっと薄めた感じのものだった。なかなか美味しい。疲れたときに良さそう。

一緒に写っているフワフワしたのは、オルチャタに付けて食べるらしい


ちょっとやり過ぎた感があるけれど、お腹も気持ちも大満足な一日でした~。

*スペイン語一口メモ
祭り → (la) fiesta(フィエスタ)
祭りに行きたい → Quiero ir a la fiesta.
久しぶりのバル
先日、久しぶりにバルなんか行ってみた。学校帰りはよくバルへ行くんだけれど、夜に行くのは北スペイン以来。ほぼ毎食自炊だし、たまに行くと気分が変わっていい。

この日は近所のボデガへ。このお店は毎日すんごい混んでるんだけれど、気合いを入れてイザ!テーブル席はもちろんのこと、カウンターも満席!かなり狭い通路でぼーっと立っていると、またお客が入ってきてしまう。物売りもやってくるので、お店の中はてんやわんや。

テーブル席、超満席


カウンターも、やっぱり満席


それでも負けじと注文。ハム頼んだら、これでもかってくらい来ちゃった。

これでもか!


写真のワイン、減ってるけれど、本当はグラスなみなみに注いであるの。それで1杯1.3ユーロ。安い~。
ハムはかなりしょっぱいから、最後の数枚はヒーヒー言いながら食べた。だったら食べなきゃいいのに、貧乏性なもので残せない。

行ったときはまだ20:30だったんだけれど、やっぱりハムの出す量が多いのか、もう既に3本目だったらしい。

証拠のゴミ箱、ハム足2本


アタシ達が居る30分くらいの間にまた1本なくなってた。ハム大人気。
お店は本当に繁盛していて、なんだか申し訳なくて、2杯ずつ飲んだあと、そそくさと店を出てきた。お腹も満足したし。

外から見ても、やっぱり人だかり。


近所はバルが沢山あるから、また他も探したいな~。バル最高!

*スペイン語一口メモ
しょっぱい → salado(サラード)
このハムはしょっぱすぎ → Este jamón es muy salado.

前回からハム続きだ・・
市内観光(食中心)
バレンシアに来て早1ヶ月半。やっと重い腰を上げて市内観光へ出かけてみた。と言っても学校帰りにちらっと。

まずは学校帰りに必ず通るPlaza de la Virgen(プラサ・デ・ラ・ビルヘン)。ここには、いつも沢山のハトにまとわりつかれた銅像がいるけど、誰かしら?やけに目立つ。

この日は子供達も沢山


プラサデラビルヘンのすぐ隣にはカテドラルがあるので、とりあえず入ってみたら、なかなか立派な祭壇がありました。ま、特に感動するようなものではないですけどね。

実はこういうの、もう飽き飽きだ!


こんな外観も、もう飽き飽きだ!


ヨーロッパの教会観光に限界を感じています。神社や寺と同じように扱わないと。

そのあと、軽めの昼食を取って、ダンナが以前から食べたがっていたchurros con chocolate(チュロス・コン・チョコラテ)を食べにチョコレート屋のVALORへ。アタシは知らなかったけど、VALORはとても有名なチョコレート屋らしい。

甘そ~、カロリー高そ~


ゆるめのチョコレートにチュロスを付けて召し上がる


チュロスっていうと、ギザギザした固くて長いドーナツってイメージがあったけれど、ただの長いドーナツだった。
このチュロスコンチョコラテ、スペイン人は1人1個食べるらしい。お店にいた4人組の女性は、これを一つずつ注文していた。うちはさすがに1人で完食出来ないので、2人で1つ。十分です。ちなみにお値段は4.2ユーロ。ま、こんなもんかな。

お腹も十分に満足して、世界遺産のLa lonja(ラ・ロンハ)へ向かったら、すぐのところにメルカド・セントロを発見!旅の醍醐味は市場ですよ!

買って帰りた~い


各種漬け物あります


にんにくとレモンのみ扱ってます


ほかにも肉、魚、スナック菓子、ドライフルーツなどなど。からすみもあり。ひろーくてたーくさんの品数があるのに、買ってきたのは二十日大根、生姜、トマトのみ。次はバカ貝狙いで行ってきます。

メルカドできゃっきゃと遊んでたら、シエスタでラロンハに入れず。また気が向いたら行くこととします。やっぱ、食べたり食材見たりするほうが楽しいわ~。

*スペイン語一口メモ
ハム → (el) jamón(ハモン)
この店はイベリコ・ハムを売っています → Esta tienda vende Jamón ibérico.
やっと来た来た!
やっと今日、担任の先生がやってきました~~!
もう来ないんだろうと思ってたからびっくり。2週間も来ないから、「どうせ若くてやる気のない先生なんだろうな・・」と期待してなかったんだけれど。
初めて会う担任の先生は年配の男性だったんだけれど、やる気に満ちていて、教え方もすごく上手くて(今までの先生の中で一番!)、すごく素敵な先生だった。この先生だったら仮病を使って休んでたんじゃないだろうと、信じてます。
先週はウダウダと文句を言ってたけれど、今週からは楽しく授業が受けられそう。ほっとした~。

でも先生がやっと来た今週、クラスのメンバーも見たことのない人がたーーくさんいて、いつもがらんとしていたクラスが満席。今まで居なかったのに、どうして?って感じ。ついでに一番仲良くしていた中国人の女の子が最近来ていない・・。もっと話がしたいのに残念。

先週はほーんと学校に行くのが馬鹿らしかったんだけれど、学校の前にいつもいるシャム猫君に会えるからそれだけが楽しみだった。月~水しか会わないし、初めて会った時すごく引っ掻かれたから懐かないだろうなぁと思ってたけれど・・。
だけど今日、いつもの場所から少し離れた駐車場でシャム君が遊んでたから、舌打ちして呼んだあと、しゃがんで「おいでーおいでー」と呼んだら、トコトコっと歩いてきて甘えるじゃぁありませんか!
嬉しかった~。こんなに早く懐いてくれるなんて~。その子、野良だから体とか洗ってなくてベタベタするけど、いつもナデナデしてたから、アタシのこと気に入ってくれたのかな。

悪そうな顔してるけれど


無視されたりもするけれど


甘えられるとやっぱり可愛い☆


本当は毎日ご飯あげたいんだけど、ずっとネコ君の世話が出来る訳じゃないから、期待させないように餌付けはしないでおきます。

ネコ君と触れあったら、実家に預けてあるネコの声を聞きたくて、スカイプで電話したけれど出て貰えず(当たり前だ)。ネコの近況を聞いたら(もちろん家族の近況もだけれど)元気にしているようで安心。 

*スペイン語一口メモ
オス猫 → (el) gato(ガト) *ほかにもジャッキという意味もあり。
猫が好き → Me gustan los gatos.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。