FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢の島 サンブラス諸島
本当はマドリからすぐにコスタリカに入国したかったんだけど、チケットが安かったのもあって(高くなるかもしれんけど)パナマにした。
せっかくパナマに行くからには、パナマ観光を満喫するべく調べたところ、パナマには約365の島から成り立つサンブラス諸島なるものがある、と言うことを知った。

そのサンブラス諸島には、一般的には飛行機で行くらしい。まぁ飛行機もそれほど高くはないんだけれど、でも絶対にもっと安く船があるはずだ!と思い、知り合いのゆめぽろさんに聞いたところ、日本人がよく行く宿から行けるらしいとの情報を得た。
本当はその宿に泊まりたくはなかったのだけど(結果、コパエアがすぐそばだったからよかったけれど)その宿に着いてすぐに「明日サンブラスに行ける?」と聞いたら「行ける」との返答。

中南米やアジアを中心に回ってる日本人旅行者からしたら、安くない金額らしいサンブラス諸島。アタシ達には高くはない金額だったから行ってみたら・・。

こんなに素敵な場所、初めて。
昔よく行ってた大好きなギリシャの海より、アメリカ人が大好きなカンクンの海より、天国に一番近いニューカレドニアより、どこよりも素敵な場所だった。

アタシ達が行った島は「ロビンソン島」という、小さな島。

ロビンソン島の砂浜


まるで夢の島。
石がほとんどない白い砂浜。
全ての木々は椰子の実がなる。
その椰子の木にぶら下がるハンモック。

椰子の木の下から


でも。
部屋の床は砂のまま。
電気は食事をする1カ所のみ。
よって夜は部屋の中が真っ暗。
海水を濾過した水瓶から水浴び。
トイレの排泄物はそのまま海へ。
お店は1店のみ。市内の倍の値段。

島の子供達


軽く石鹸で顔は洗うけど、シャンプーもしない生活。
みんなお昼はずっと水着でいて、ハンモックで読書をしたり、昼寝をしたり。
昼寝に飽きたら、海に入って子供達と遊んだり、シュノーケルをしたり。
夜になると毎日同じ夜用の服に着替えるから、洗濯物もほとんど出ない。

ご飯時にいつもやってくる2匹


昔アニメで見た無人島に近い生活。
全くの無人島は現代人のアタシ達には無理だけど、こういうのは大丈夫。
こんな素敵な場所に死ぬまでに1度でも来られてよかった。

アタシが桶で捕獲したチビ烏賊!


いや~、アタシ南米は嫌いだとはっきり言えるけど、すぐ側の中米は、実はヨーロッパよりも好きかも。基本、リゾート地が好きだから・・。

パナマにこんな素敵な場所があるのに、なんで日本人はあんまり来ないんだろうか。凄く凄く素敵な場所なのに・・。
バックパッカーからしたら、高いのかも知れない。けど、普通に暮らす日本人からしたら全然安い金額でこんな夢の島に来られる。
パナマに来たら是非!サンブラス諸島へ!!

ちなみに、アタシ達がいたロビンソン島から20分くらい先にあるペリカノ島は、ロビンソン島より更に小さくて更に静か。でもビーチも小さいし、石がゴロゴロあったからロビンソンのが良いと思う。
もしこの辺りのオスタルに泊まって、どの島に行きたいかを聞かれたら是非「ロビンソン島」と答えて下さいな。
スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/110-f7e3748c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。