FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パナマからコスタリカへの移動
パナマシティではコパエアのキャンセルに時間がかかってしまって、予定より2日ほど滞在がオーバー。パナマの北の方にあるボケテという高原都市に行きたかったけれど行く時間がなく、直接コスタリカへ。

コスタリカでは最初にマヌエル・アントニオ国立公園に行こうと考えていて、その行き方がパナマからだと2通りある。

1.一旦パナマシティからサンホセまで18時間のバスで移動後、マヌエル・アントニオ国立公園の手前の町ケポスまで3時間半で移動。そこを拠点に国立公園へ。
2.パナマシティから国境の街まで7.5時間のバスで移動後、国境からサン・イシドロの町へ4時間で行き、更に乗り継いでケポスまで移動。

マヌエル・アントニオ国立公園がサンホセより少しパナマ側にあるために、2.で行くのが妥当だと判断した。サン・イシドロからケポスまでの距離はたったの70キロだし、大体2時間でつくかなぁと計算して、上手くいけばパナマシティを朝出発して、夜にはケポスに着くんじゃないかと考えた。

そんなに上手く行くわけないのね、中米だもの。

まず、国境までは順調に。その後乗り換えてサン・イシドロへは、なんと1.で使うバスに乗ることになり、そのバスは国際バスのため、料金が異常に高い。パナマシティからサンホセまで直接買えば25ドルなのだけれど、国境からサン・イシドロのたった4時間でさえ17ドル。他のバスもあるだろうけど、ちょうどその時間にはそれしかなかったから、泣く泣くのるはめに。
サン・イシドロへ到着して確認したところ、ケポスへのバスは1日3本で最終が15:00って早め。その日はサン・イシドロで足止め。
翌日のバスでケポスへ向かうも、70キロの距離をなんとなんと4時間も!歩いた方が早いんじゃないかっていうくらいの速度と停車の多さ。

あ~中米にいるわぁ、と感慨深くなる・・。

パナマシティからマヌエル・アントニオ国立公園への行き方の正解は1.でした。料金もそんなに変わらないだろうし(今回に限っては2.の方が高くなった)何よりサンホセからケポスの道はしんどくない。
途中1泊したから、またまた観光する時間が減ってしまった。グアテマラ行きのチケットさえなければ、もっとゆっくり観光出来るのにー。
スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/112-7c60e29e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。