FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火の鳥「ケツァール」を探す
以前、旦那と2人で「水曜どうでしょう」の中米コスタリカ編を見て、絶対にケツァールを見にコスタリカへ行くぞ!と心に決めていた。そう、コスタリカの最大の目的はケツァールを見ること。今まで国立公園やら火山やらと見に行ってたけど、ケツァールさえ見られれば、コスタリカ旅行は満足して終わることが出来るはず。

でも自分たち2人では、どこでなら確実にケツァールに会えるかわからない。それにケツァールツアーは料金も高い。あんまりにも高いとさすがにいけないなぁと思い、予算を1人100ドル前後とした。それでも高いんだけど、ケツァールのためなら仕方ない。

とりあえずは、以前から連絡しようと思っていたゴジツアーズさんに連絡をする。観光に忙しすぎてなかなか電話出来なかったら、ツアーデスクがお休みの土日にかかってしまい、緊急連絡先に電話した。

電話にはゴジツアーズの経営者、加瀬さんが出たので、HPに書いてあったように恥ずかしげもなく「水曜どうでしょうのファンですが・・」と伝えたら、お休みにも関わらず日曜の18:00に会ってくれるという。
加瀬さんにお会いしてから、プランを練る。水曜どうでしょうに出ているガイド、100%セニョール・マリーノを2人で呼ぶと350ドル以上するとのこと。全然予算に合わないことと、マリーノが担当している場所には最近ケツァールが来ていないってことで、マリーノは諦めた。

加瀬さんはケツァールがどこにやってくるかを相当知っているようで、今ならココ、と言う場所を教えてもらい、更には予約までしてもらった。電話代も払ってないし(中米人じゃないので請求してこない)ホテル代は到着後支払いだったので、加瀬さんの儲けは一切なし。更にはその日の宿まで予約してくれて、更に更に車で送ってもらったりした。
全く儲けさせてあげられない旅行者のために有用な情報を教えてくれて、沢山動いてもらってすごく有り難かったです。

翌日、加瀬さんに教えてもらったように、バスに乗って予約したホテルへ。
このホテル「Mirador de Quetzales」はもちろんケツァールを見るためのホテル。夕食と朝食、早朝のケツァールツアーがセットで1人60ドル。安くはない。けれどこの金額でケツァールが見られたら、全然高くなくて、逆に安い方。

お昼過ぎに到着したので、ホテル周辺のトレッキングコースをのんびりと散策。その間は色んな植物と鳥を見て歩く。時々、綺麗な色の鳥がやってくるので「アタシ、帰ったらバーダーになるわぁ」と言いつつ、植物と野鳥の観察を楽しむ。

まりもみたいな花。


赤すぎて毒毒しい。


「ケツァールはいないねぇ」と、ほとんど期待していない、やっと日が落ちてきた16:00頃、トレッキングコースの滝を過ぎたあたりで旦那が「あれなに!?」と声を上げる。
なになに?と見ると、すごーく綺麗で少し大きめの鳥が木に止まっている。「あれ・・ケツァールじゃないの?!」と言った瞬間、バサバサッと飛んでいってしまった。
でもあのケツァールとは違って尾っぽが短いから、旦那とあれは何だったんだと話しつつホテルに戻り、ホテルにある鳥図鑑を見つつ、スタッフに説明したら「あー、メスのケツァールかも知れないねぇ」と。
なんと!夕方ぼんやり歩いてたら、メスのケツァールを見ることが出来たのよ!

明日は期待できるぞ~と、久しぶりに寒くて辛い夜を明かし、早起きをしてエサに群がるハチドリを観察したあと、ケツァールツアーに出発。

木に止まるハチドリくん。


ツアーはトレッキングコース内ではなく、立ち入り禁止の森の中。ガイドの男の子がケツァールの鳴き真似をしながら歩いていくので、それに付いていく。
でも・・1時間経つのにうんともすんとも。それでもアタシは「神様は今回だけは見せてくれるはず、お願い神様!」などと願いつつ歩いていた(その時旦那はほぼ諦めていたらしい)。
でもガイド君もちょっと諦めモードに入ったらしく、こりゃいかんと思ったその時!

昨日と同じように、バサバサッと色の綺麗な大柄の鳥が!ガイド君とアタシが声を揃えて「ケツァールだー!」と叫ぶ。オスのケツァールがやってきたんです!

その後はみんな上を見上げて、熱心にケツァール観察。残念ながら1羽のケツァールしか見られなかったけど、ケツァールは木を変えつつもあまり飛び立たず、20分ほどその1羽を観察することが出来た。

ケツァールの尾っぽがわかる?


影だけでもケツァールってわかる。


残念ながら、うちのカメラではケツァールを綺麗に収めることが出来なかったけど、幻の鳥に会えたことだけで十分興奮する出来事だった。
ケツァールはグァテマラの国鳥で、もちろんグァテマラにも居るのだけどなかなか見られないらしい。それでもやっぱりもう一度見てみたいので、再度チャレンジしに行ってきます。

コスタリカ旅行をしてから、すごく鳥に興味が出てきたので、近かったのに1度も行ったことがなかった「弥富野鳥公園」に帰国後是非行ってみようかと。

スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/116-8027ec8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。