スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
様子見状態でまだまだ滞在
ホンジュラスのウティラ島でのスノーケルツアーは、波が高くて船酔いと海酔いでスノーケルなんてほとんど出来なくて、2度とボートツアーは行かないと思った。
でもせっかくベリーズに来て、ビーチに行くだけなんて勿体ないから、気合いを入れて昨日、マナティ&スノーケルツアーに行ってきた。

朝晩は風が強くて波も高くなるキー・カーカーだけど、人が動き出す時間になれば波も穏やか。だから乗った小舟もあんまり揺れなくて、全く酔わずに1日を過ごすことが出来た。

出発前にマナティは100%見られると言われてたので、すーごい期待して行った。
そしたら到着時にマナティが水面に!
ワクワクして早くスノーケルを!と思ってたら、ここはマナティの保護区らしく、マナティを見ることは出来るけど、スノーケルはしては行けない場所だった。
なんだ・・。マナティと一緒に泳げるかと思ってたのに。

マナティはほ乳類だから、5分に1度くらい水面に顔を出して息継ぎをする。その時、大体3回に分けて顔を出して、3回目には尾ひれを見せて深く潜っていく。
出没するとき、大抵ボートから離れてるからちらっとしか見えない。体の大きさとかなんて全然で、鼻先と尾ひれだけ。

マナティを一目見ようと待ち構える人たち。


これだけ?と思ってたら、ボートの近くにすすすーっと近づいてきて、その姿を水中に発見することができた。それが1回あったから、満足したっていうことにした。

その後は別の場所に移動して、普通にスノーケルを40分ほど。青い魚の大群とかは見たけれど、特に目立って面白いものはいなかった。
スノーケルは沖近くでしかやったことがなくて、今回は足が付かないところだったから、ずっと泳いでなきゃいけなくて、途中からイヤになってきて一番早くボートに戻った。もう疲れちゃった。

その後は3時間のスノーケルツアーでも行くらしい場所で、鮫とエイが見られるスポット。今の時期は鮫は50%しか見られないけど、エイは100%見られると言われてた。
おっちゃんが魚をちぎって投げ込んだら、びびびびっくりするぐらいの数のエイが!エイがあまりにもウヨウヨしていて、その中に身を投じなくてはいけないことがはじめは怖かった。

エイ・ウヨウヨ。


でもエイは全然怖くなくて、みんなでエイの上に乗っかっろうと試みた。もちろん乗れないけど。ここで一生分のエイを見た。

ブルーホールダイブとスノーケルツアーが終わって、あとキー・カーカーでやれることはそんなにない。でもまだ豚インフルエンザの様子見で動けないので、今日は再会した友人と旦那と3人でビーチで釣りをした。
スノーケルセットと釣り糸と釣り針だけで釣りって出来るんだねー。アタシは1回釣り上げた後すぐに落としてしまった。午前中に旦那と友人が1匹ずつ釣り上げたので、友人に捌いてもらってお刺身で食べた。美味しかった。
でも明日もまた釣り。だって他にやることないんだもの。
スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/124-9c2dd791
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。