スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海の動物観察
カンクンから3.5時間、さらにそこから20分船に乗って着いた先はholbox(オルボシュ)という島。この島は数年前から夏になるとジンベイザメがたーーくさんやってくるという。
でもやってくる時期が6月半ば〜9月半ばあたりと、すこし時期がずれているので見れないかもしれないなぁと思いつつも、ほかにもマンタとイルカが見れるというので、やって来た。

のんびりした静かな島だと聞いていたので、宿がよかったら3泊しようかと思ってたんだけど、この島は質の割には宿代が高い。今まで泊まった町で一番割高感があった。
殺風景で古くさいエアコン付きの部屋だと400ペソ。扇風機だと300ペソ。今までの街は同じような感じの部屋で300ペソだったから、100ペソ高い。
こういうところだと、最近はせいぜい1泊。ここではツアーの関係で最低2泊しなくてはいけないので、この部屋じゃいやだ。そしたらビーチ沿いのすっごく素敵なホテルがエアコンが壊れた部屋なら550ペソ(4400円)でいいという(シーズンオフの定価は770ペソ)。
すごく感じのいい部屋だし、夜はエアコンがなくても十分涼しいから、もうすぐ旅も終了ってことでこの部屋に2泊することに。3泊はさすがにぜいたく過ぎるかなぁと思って。

すごくリゾートな雰囲気の部屋。


シャワーはこの貝殻を通って滝のように出てくる。


部屋を決めたあと翌日のツアーを探したけれど、シーズン中じゃないしインフルエンザの影響もあってか営業している旅行代理店が少ない(宿も休業中が多かった)。
でも1件だけ見つけて、言い値800ペソを700ペソ(5600円)まで安くしてもらって翌日発のツアーへ。ほかと比べられなかったから安いのか高いのかわからないけど、知り合ったフランス人に聞いたら高くはないってことだった。ま、高くても選択肢がなかったんだけど。

ツアーは小さいボートに乗って、まずはフラミンゴを通過。船が近づくとフラミンゴとペリカンが一斉に飛んでしまってがっかりしていたら、戻ってきてくれた。ほっ。
こんなに沢山のフラミンゴを見たのは初めてだから、ちょっと嬉しい。

フラミンゴっぽい。


その後、少し移動したらイルカが!
それも5頭くらい居てびっくり。イルカと一緒に泳がせてもらえるのかと思ってアセアセしてたら、そうではなかった。なんだ残念。
自然のイルカなので近くに来てくれるわけでもなく、泳いでる姿を見るだけならキーカーカーで行ったマナティツアーと同じで、海に入って見れないと逆に欲求不満がたまるんだよね。贅沢な話かも知れんけど。

またまたその後少し移動したらマンタが!
今度は一緒に泳いで良いと言われて、みんなでスノーケルの準備して、同行のチェコ人なんて飛び込む瞬間まで行ってたのに、待てと言われてお預けされたらその後マンタの姿は見えなくなった。
ツアーの質が悪かったのかな。みんな海に入る気満々だったのに、待てをされて待たされた挙げ句逃げられちゃって。ここで更に欲求不満に陥ってしまった。

それから延々と船を走らせたけど、イルカもマンタも会えずじまい。なんだったの。

途中のスノーケルではまぁまぁ満足。
今までの綺麗な海ではいつも同じ魚ばっかりで飽きてきてたんだけど、オルボシュのあまり綺麗でない海はプランクトンが多いからか、大きめのエンゼルフィッシュとかがたーーくさん居た。
それとネコザメ!ネコザメが底の方に隠れていたので、みんな潜って見に行ってた。アタシはうまく潜ることが出来ないので、ダンナに足を押し込んでもらったけどイマイチ上手に出来なかったから、見える位置で上から見てた。
でもネコザメが這い出して居場所を変える時に全身を見ることができた。ダンナは何度かサメの尻尾を掴んで引っ張り出そうとしてたけど、拒否されていた。
これでほーんの少し不満解消だけど、まだまだかな。

最後まで肝心なジンベイザメには会えず。やっぱり時期が早過ぎたみたい。7月になれば100%見られるらしいから、もし次があればその時期に来てみたい。

今はまたカンクンに戻って、毎日ダラダラしてます。ビールが盗まれたりとか財布がなくなったりと、いろいろある宿ですが、中米最後の夜(メキシコは北米かも?)。明日の夜にはカナダです。
スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/128-81714609
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。