スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日目:自宅から日月潭までの移動
2012年1月5日早朝。外は雪がちらほら…。最寄りじゃない名鉄の駅まで車で行く予定だったけど道は凍っておらず問題なく駅に到着。6日分の駐車料金を支払い電車に乗り込み、順調にセントレアへ。
旅行先の台北、台中の天気予報を確認。台北は滞在中ずっと雨マーク…。台中は雨だったり曇りだったり台北よりはマシなんだけど…。がっかり。

JAL821便9:50発(アタシ)CI151便10:5発(ダンナ)で台北へ飛び立つ。到着はアタシが10分早い。
あ、乗る直前にデルタアメックスの勧誘に捕まってまんまとカードを作らされてしまった。買い物したらマイレージが貯まるって言うし、ダンナは何の保証もないセゾンしか入ってないからちょうど良かったけど。

機内ではなかなかの食事が出て、まだ午前中なのにヱビスビール飲んじゃって、でも見たかった映画「モテキ」がアタシが乗った便では選べなくて、仕方なく他の映画見てたらぐーすか寝てしまい、起きたら台北だった。ふふ。

到着後はイミグレを出たところで待ち合わせしていたので、トイレに行ったり観光パンフを読んだりして待っていた。
次々と人が降りてくるんだけれど、日本人らしき人種が居ない。東洋人もほとんど現地人か中国人。
あれ~他に出口あるのかな~と見て回るけどイミグレは1つしかない(当たり前だ)。それでも待てども暮らせども来ない。
かなり不安になってきて1時間を過ぎた頃、税関を通って外に出た。そこで到着の掲示板を見たらダンナの便は1時間3分遅れで到着予定になっている。他の便は1分の遅れもなしに到着してるのに、ダンナの便だけ。
なんてついてないんだろうか…。でもハイジャックとか墜落とかしてなくて安心したよ。

今回の旅程はギューギューに詰め込んでるから1時間も遅れると予定が狂うわ…と思いつつ、ま、どっか行きそびれても仕方ないなとは考えていた。

新生銀行のインターナショナルキャッシュを利用して台湾元を引き出して待っていたら、バックパックを背負って嬉しそうな顔をしたうちの人が降りてきた。良かった良かった。
聞いた話によると、定刻通り台北に着いたんだが滑走路に何かが置いてあって着陸できず、また上空に戻って待機していたんだとか。

それから急いで高速鉄道(新幹線)駅行きのバスに乗って桃園駅へ。着いたらすぐに次の台中行きのチケットを買って、それからお昼ご飯を買おうとしたら、マックとかロイホとかで台湾ぽいお店がなく、仕方なくセブンイレブンで排骨飯(パイコーハン)のお弁当と煮卵とお茶(甘かった)を買って14:21発の電車に乗り込む。

高速鉄道の車内は日本の新幹線のまんま!早いし安いし乗り心地もいいし、乗っておいてよかった。

台中14:58着。早い~(・∀・)
到着後バスターミナルに移動し、15:10発の日月潭行きのバスチケットを購入。調べておいた時刻以外も沢山出ていて(大体毎時10分と50分発がある)これなら今日の予定は間に合うかも?という期待。

ターミナルに居たバス会社のおじさんやタクシーの運ちゃんがみーんないい人で「ニホン、タイワン、トモダチ」とか「シェイシェイタイワン」とか言っていた。でも台湾人が「シェイシェイタイワン」と言うのはおかしい気がする。

バスに乗ってから、飛行機で寝てなかったというダンナは爆睡。アタシはずっと外の景色を見たり、途中で乗ってきた中学生の会話を聞いたり(理解できんけど)してた。
また途中で運転手と会話しながら乗ってきた女性が居たので「あ~田舎だからみんな顔見知りなんだな~」と穏やかな気分になってたらダンナが「酒くさっ、酔っぱらいだ」と言った。

続きは次回。
スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/135-1b16d6c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。