スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日目:烏來1
3日目。午前中に野柳公園に行く予定だったけど、雨が続いててぬかるんでるのが想像出来たから諦めることに。

宿でおかゆの朝食を摂った後、駅前の基隆市旅遊服務中心(インフォメーション)へ。
基隆から烏來への行き方は調べてあったから、バス乗り場を聞きに行ったら、調べた行き方は面倒だからMRTの新店駅まで行って、そこからバスに乗りなさいと言われてしまった。
あんなに一生懸命調べたのになぁ。ま、いいかー。
ここの人たちもまた、今まで会った人たち同様、超親切(・∀・) 日本語話せる人が2~3人居たし、安心して聞きに入れる。

新店行きのバス停を下見して宿に戻ろうとしたらダンナが「ちょっと美味しいコーヒー飲みたい」と言うので、美味しいかどうかはわからんが、ケーキを並べてあったお店に入った。
ダンナは朝っぱらからケーキとコーヒーを頼んで満足気。アタシは何でも良かったが、台湾ぽいのがいいと思い、朝っぱらからマンゴーかき氷を頼んだらやってないとのこと。どうしたものかと試しにフローズンマンゴーを頼んだら、あった。
雨降って寒いし、普段のアタシはそういう類の物を好んで食べないのでダンナが驚いていた。体は更に冷えた((´д`))

その後、宿をチェックアウトしてバスで新店へ。到着後バスを乗り換え、烏來へ。
バス停は烏來に行く人たちでいっぱいで座れなかったけど、特にしんどくはなかった。というか酔いやすいアタシは立ってたほうが楽だったかも知れない。

新店からほんの数分走ったら、もう景色は大自然。田舎は落ち着くわ。
30分ほどで到着。ホテルのある烏來老街の2つ手前のバス停で降りて向かうと、チェックインは17:00(!)。時は14:00。荷物だけ預けて烏來老街へ歩いて向かう。

烏來の景色。温泉街って雰囲気出てるね~。


ホテルから烏來老街は歩いて15分ほど。雄大な景色を見つつ歩いていくので全く苦になる距離ではない。
老街では日帰り温泉の客引きが沢山居て、価格もそれほど高くないし、部屋風呂付きのお部屋を借りるみたいなので日帰りで行っても良さそう。
お昼を食べてなかったからちゃんとした食事をしたかったけど、軽く食べるものしか見あたらないし、トロッコ乗り場を見つけてしまったので、先にトロッコで滝でも見に行こうかと上がってみたら、食堂がいくつかあった。

トロッコはこんなの。名前の通りトコトコ、トロトロあがってくの。


食堂に入る前にダンナがなんとなしに入ったお店原住民ショーをやってるところで、おじさんが急いだ様子で話しかけてきて「今ショーやってる。本当は350元だけどもう始まってるから200元でいい」と流暢な日本語で話すものだから、圧倒されて払ってしまった。
ショーの内容は日月潭で見たショーに毛が生えた程度で、うーー200元でも高い気がするーー。まぁいいんだけどね。

結婚式の儀式ショー。羽でおしりをバシバシされてた。なんで?


ショーをそこそこで抜けてきて、何か買わされるといかんからとおじさんに見つからないようにコソっと出て行った。

そのお店の2軒隣りくらいにあった食堂でやっと昼食にありつく。
烏來名物の竹筒ご飯と、烏來ラーメンと名のついた麺を頼んでみた。そしたら烏來ラーメンが超美味しい!まるでチャンポンなんだけど、本当に美味しかった~。竹筒ご飯もなかなかだった。

ちょっと手をつけた後だけど、見た目もチャンポンみたい。


ここの奥さんもまたいい人で、食後に果物を切ってくれた。初めて食べた果物だったけど、種の多い青リンゴみたいな感じのものだった。ほんと、台湾のほとんどの人はいい人だよ~。

このお店。奥さんありがとう~(・∀・)


あ、そうそうメインの滝はこれ。滝だけだと大きさがわからんよね。そこそこの大きさだったが感動的ではない。


ダンナが往復切符を買ったと言ってたので帰りのトロッコに乗り込んで座ってたら、おじさんがその券じゃ乗れないと言う。よく見たら「全票」と書いてあった。ダンナはこれを往復だと思いこんでいたらしいが、これは大人と言う意味だ。ちなみに子供は「半票」です。

チェックインの時間までたっぷりあったから、逆に歩いて降りれば時間つぶれるし良かったね~とテクテク歩いて戻った。

続きはまた。
スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/139-809d3b96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。