スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
氷河トレッキングとFuji旅館
氷河トレッキング前にアイゼンを履かせてもらう


日の出8:00/日の入り22:30の町カラファテで停滞中。
大感動の氷河を見て、歩いて、ウイスキーまで飲んで大大満喫して、旅に出てよかったー!とやっと心から思え、そのままの気持ちで次の町に移動しようと思ってたのに、諸事情により移動は延期。でもこの町でやることは特にないので、日本人宿「藤旅館」にいるプチ沈没者達と一緒に「水曜どうでしょう」を見たりして(コスタリカにケツァールを見に行ってくるわ!)数日無駄に過ごしているカラファテの日々。

それにしても。ペリトモレノ氷河はすっごい良かった!
みんなが何回も氷河見に行ったりしてるから、どれも同じなんじゃないの~?と思ってたけど、1回見た後はまた行きたくなってしまった(諸事情で行けないんだけど)。今までの旅はなんだったの?レンソイスマラニャンセス国立公園は何だったの?と思ってしまうくらい、氷河の魅力にやられてしまった。旅の始めからここに来たら良かった。そしたら帰りたいなんて思わなかったかも知れない。
短期でどこか海外に行こうと考えてるなら、真っ先にお薦めしたい場所。南米の夏しか見られないんだし、動くことのない遺跡より、日々形が変わるような自然の方が感動が大きい。是非自分の目で見て欲しい!氷河最高だ!

でも氷河見たあとは特にやること無いので、明日辺りに藤旅館のオーナーが連れてってくれる釣りツアーに旦那とプチ沈没者が行く予定。魚が釣れるとオーナーがそれで寿司を握ってくれるから頑張って釣ってきてもらいたい(アタシは留守番)。
それにブエノスで毎日ステーキばっかり食べてたからか、旦那の体にまたブツブツと何か出てきたので、肉以外のものを食べさせたい。

藤旅館、今いる旅人に癖のある人が居なくて良い。それに奥さん(コリアン)が綺麗好きらしく、毎朝掃除してくれるのも良い。毎日掃除する安宿ってあんまりないから、そういう面でなかなか居心地いい。
あと、何故か東海2県(愛知・三重)が一時日本人の半数くらい居て、話が合って楽しかった。その中にはなんと、アタシの出身地の人が!アタシの地元は三重の片田舎の結構人口の少ない町なんだけど(平成大合併以前は郡部)小学校の学区まで同じという人がいて、すごいビックリ。歳はアタシの方が10歳ほど上だから知り合いとかは全然一致しないんだけど・・。帰国後、地元で会えることが今からすごい楽しみ。しかし世界って(日本人旅行者の輪って)超狭い。
スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/16-fa694c04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。