スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メンドーサ 歩け歩け運動
甘口ワイン用の葡萄がなるボデカ。


3日間メンドーサに滞在。

1日目。本当は2泊の予定だったけど、1泊延泊したくなり宿のお兄ちゃんに聞いてみたら3泊目はフルだと言う。それじゃ他の宿を探さなきゃ!と沢山歩いて探したけどその宿と同等の宿が見つからず、どうしたものかと考えながら帰ってきたら、やっぱり延泊出来ると言われた。あぁよかった。でもなんだか無駄に歩いたわ。

その後、ボデカ(ワイナリー)博物館に行くことに。ワイナリーには興味がないから行くつもりなかったんだけど、宿のお兄ちゃんに博物館は行った方がいいと言われて。
バスに乗って小一時間で博物館の近くのinfoのようなところに到着。聞くと、セマナサンタ前でその日は博物館は休みだった。仕方なく、そこから3キロほど先にあるボデカに日差しの強い中テクテク歩いて行ってみた。そしたらそこには誰も居なくて案内してもらえず、またまた仕方ないので勝手にブドウ畑に入って、1粒拝借して(甘口ワイン用らしかった)帰ってきた。
別のボデカに行くことも考えたけど、歩き疲れたのでやめて帰った。またやたらと無駄に歩き疲れた。

2日目。バスのチケットをまたテクテク歩いて買いに行っただけで、特に何もしなかった。

3日目。バスは夜初だったしやることないので、サンマルティン公園(グローリアの丘)へ。バスは公園入り口までしかなくて、公園内は別のバスに乗るとガイドブックに書いてあったから、とりあえず公園入り口まで歩いた。着いてからグローリアの丘へ行くバスに乗ろうとおじさんに聞いたら1時間後だと言われたので、約1時間丘の入り口まで歩いた。そしたらそこには市バスが来ていた・・。ガイドブックにだまされて、1.1ペソで来られるところをまた無駄に歩いてしまった。

こんな感じでメンドーサはやたらと無駄に歩いたところだった。でも無駄に歩いてもまぁいいかと思うくらい、町中には緑がいっぱい!至る所が緑の木々の並木道ですごくヨーロッパチックで綺麗な町。ワイナリーより散歩にお薦めな町でした。
そうそう、約3ヶ月ぶりに二人とも髪を切った。1人10ペソ(約350円)で安いんだけど、ホントにカットだけでブローもしない。アタシなんて毛先切っただけだから、たった3分!10ペソが高く感じた。


そしてチレシト。タランパージャ国立公園に向かうために来たんだけど、メンドーサを出発してすぐに大雨で、到着してからも止む気配なし。
雨が降ってるから公園は休園らしいけど、バスも道が悪いのか危ないという理由で運休。午後から晴れたけどやっぱり翌日しかバスはないってことでチレシトで1泊したけど、翌朝からまた雨。でも小雨だったからバス出るかな?と思って聞きに行ったら、また出ないって・・。
この次は明後日しかないと言われたので、わざわざタランパージャのためにチリからアルゼンチンに入って、行く気がなかったメンドーサに寄って、何にもないチレシトの町で泊まったのに、タランパージャを諦めることにした。何しにアルゼンチンに戻って来たのよ・・。本当ならチリの北の方の町で地上絵が見たかったのにさ。


あ、そうだ。イースター島に行くのやめました。アタシは単に高いお金払って、モアイ像見て、マグロ食べるためだけに行く気がなくなったから。旦那は行きたがってたから行ってもいいと言ったんだけど、島滞在が長引きそうだから行かないと言いだしたので二人とも行かないことに。
モアイって動かないしテレビでしょっちゅう見てたら、なんだか興味がなくなったんだよね。行ったらハガキ送ると約束したX社のS井ちゃんゴメンね、他の所からハガキ送ります。
スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/21-59eec2a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。