スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅グッズ評価 ガイドブック
アタシはもっぱらコレ、「地球の歩き方」!(やっぱりたまに地球の迷い方になるけども)
次回はふるーい、この2冊。


当たり前でしょう、と言われるかもしれない。けれどもアタシには当たり前でなかったコレ、ガイドブック。ガイドブックでその国その都市の歴史なんかを知ったりすると、行く予定じゃなかったところまで行ってみたくなるものだ。

初めて一人旅に出たとき、一応ガイドブックを買っていったんだけど、かの国(トルコ)がイヤになって、一週間で「もう無理!」とばかりにポルトガル~ギリシャの地中海沿岸旅行に飛び立った。そのためトルコのガイドブックは無駄になり、ヨーロッパのガイドブックは持っておらず。
(英語のガイドブックは買わない。だって英語苦手なんだもん。それに写真が少ないから見てても行きたいと思う場所が見つからない。)

初めてだったから旅に出るまでネットカフェの存在を知らなかったし、知ったあとでもフリーメールとか使ってなかったのもあって、そのときの旅行では一切ネットカフェに立ち入らなかった。かなりのアナログ旅行。だから余計ガイドブックがなくて本当に本当に困った。道に迷うのはもちろん、寒い寒いイタリア・ジェノバで宿に泊まれなかったことだって・・(野宿)。

2度目の一人旅は長距離にわたる予定だったし、行くところもあんまり決めてなかったからはじめから持っていかなかった。そしたら2箇所目の宿泊地・北京で安宿がなかなか見当たらず4時間くらい捜し歩いた。それでも希望していた金額の4倍くらいのところしか見つけられなかった・・。

それからは、さすがに最初の一カ国目だけは持っていくようにしている。ガイドブックって高いけど、金額以外の情報はほぼ変わらないので、最新版ではなく5~6年前の相当安くなっている中古を買って。それで十分事足りる。それ以降は安宿で交換したりして手に入るので持っていかない。

ほんっと、ガイドブックって便利よね~。なくてもいいけど、ないと行き損ねちゃうところが出てくるから、やっぱり持っていくべし。

でもガイドブックもなくてネットでの情報収集もせずに、シンガポールエアの機内誌から破って持ってきた路線図だけを頼りに旅をしていたころは、しんどかったけどそれはそれで楽しかった。そういう旅だったからこそ思い出がいっぱい。


スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/29-586ceec2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。