FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アドリア海の、よくある旧市街
クルーズ1回目の寄港地はアドリア海の真珠と言われるドゥブロブニク。ここはまたしてもクロアチア。でもこの町が最後のクロアチア滞在。もう戻ってこないぞークロアチア。東ヨーロッパのくせに物価が高くてビックリしたんだからー。もう来ないぞー。

クルーズ船のお客さんたちは大抵ツアー(最低シャトルバス)で町まで繰り出すけれど、もちろんアタシ達は自力で町まで繰り出す。シャトルバスの半額以下で市バスはあるけれどアタシらは徒歩!荷物がない状態でたった30分の距離なら、もちろん歩く。

さてドゥブロブニクの旧市街。城壁の中に赤い屋根という町並みは今まで見た旧市街とそれほど変わりがないように思うけれど、猫たっぷりの町は他にはないですぞ。

城壁の中


そこにたっぷりの猫(ここでは2匹)


それにしてもクロアチアは本当に猫が多くて、これでもかと出現する猫を追いかけては写真を撮らされている担当カメラマンは「もう猫嫌いになりそう」と弱音を吐いておりました。可愛いのにねぇ。

城壁の中は相変わらずただの旧市街でそれほど面白くもないから、近くの丘へ。そこでももちろん猫が・・。ま、猫の写真ばかりじゃうんざりさせてしまうので、そろそろ止めときます。

丘からの旧市街


次は入り江へ。もちろん猫付きの入り江。猫の写真はパスしときます。

入り江側の旧市街


その入り江には、今まで何度か行こうとして行けなかった青の洞窟が!
うそ。青の洞窟に入る手前みたいなところがあった。

「みたい」でもちょっと嬉しい


青の洞窟だけは名残惜しいな・・。

ドゥブロブニク観光終了!ここの町、この旧市街しか見所ないんだよねー。旧市街しかない町って大抵3時間以内で観光が終わっちゃうんだよね。
時間も余ったし歩いて帰ろうかと思ってたけど、お金も余ってたから帰りはバスを使いました。

ところで、クルーズ船には食事代は含まれてるんだけど、炭酸飲料水代と酒代は含まれてない。もちろん船内で頼むと高い。だけれども!酒の持ち込みは禁止されていて、しつこいくらいテレビの船内CMで放送しやがる。だからってねー、高いお酒飲むとダンナに怒られるじゃないー?
規則は無視してもちろん持ち込んだ。うちは魔法瓶の水筒(500ml)を2本持ってる。それを外出時に準備しておいて、船内に戻る前にスーパーで買ったワインをトクトクっと水筒に入れて帰ってくる。荷物をスキャンされてもばれません。クルーズに乗るつもりのバックパッカーの皆さんは水筒持参がよろしいですよ。
スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/78-469702e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。