FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北スペインをちょこっと周遊1
スペイン語学校が始まるまで、まだ大分日があったので、レンタカーを3日間借りて、スペイン国内旅行へ行ってきました。今回一番の目的地は、以前レオンからバルセロナに行く間にちょっと寄り道したかったけれど寄れなかった、ログローニョ!ログローニョ情報は後半で。

ログローニョまで車で500キロくらいあるので、まずは途中のテルエルという町へ。ここにはロミオとジュリエットのモデルになった、伝説の恋人たちが眠る霊廟があるので行ってみることにした。そしたら入場チケットが色々あったけど、多分教会のみのでいいだろうと思って、それを告げて1人4ユーロ支払った。

教会の内部はすごく鮮やかで、なんていうか・・普通じゃない。
この辺は昔イスラム教徒の土地で、それをキリスト教徒が征服して、そのまま残ったイスラム教徒をムデハルと言い、その職人達が作った建築物がムデハル様式というようです。
多分、このサンペドロ教会の内部もムデハル様式なんではなかろうか(外部の塔はムデハル様式)。

教会内部は凄く色鮮やか


壁紙、柱の縁の模様がすべて違う!


こんな教会初めてだった。珍しくお金払って入っただけある。で、肝心な恋人達はというと、扉のすぐ向こうに。扉を抜けると・・

居ました居ました!ロミオとジュリエット!


中にミイラが入ってるんだって。この写真撮ってるときに、教会の人に「入っちゃダメーー!」と怒られてしまった。ここは教会のみのチケットでは入っちゃだめだったらしい・・。あと3ユーロ払ったらミイラも見られるらしいけど、ミイラ見ても気分悪くなるだけだし、写真1枚取れたから終了~。

ちなみにここで、駐禁やられました。30ユーロの請求来るだろか・・。

テルエルを後にして、一路ログローニョへ。同居人のエクアドル人に借りたミシュランのナビの情報が古いらしく、何度も翻弄されながら、でも夕方にはログローニョに到着。

今回の目玉、ログローニョの宿泊は4星ホテル!って言っても50ユーロだけど。なんでそんな贅沢をしたかっていうと、アタシ達の3回目の結婚記念日だからなのです!何度もつまらないケンカを繰り返したけれど、無事3年経ちましたー。うるうる。

で、お祝いのログローニョなのです。ログローニョは、スペインで一番と言われる赤ワインの産地、ラ・リオハの州都。ここにとっても小さいけれど、美味しい赤ワインと色々なタパを提供してくれるバルが軒を連ねて並ぶ「Raurel(ラウレル)」という小さな通りがあるのです。そこで結婚3周年祝いをするためにやってきたのです。

バル通りのラウレル通り 閑散としてる・・


まだ時間早いけど、バルならやってるかな~と19:00過ぎにラウレル通りに到着。したら、やっぱりやってない。でもログローニョは北スペインの内陸にあるため、すんごく寒い!!仕方ないからブティックに行ったり雑貨屋に行ったりしてたけど、ダンナが寒いというので、風邪ひいても困るからラウレルから少し外れたカフェで、ダンナはカフェコンレチェ、アタシはカーニャ(生ビール)を注文。そこで20:00を待って、再度ラウレル通りへ。したら、すこーしだけ店が開いてきた!

1件目。
カウンターのみの小さいお店。ここでアタシは赤ワイン、ダンナはクララ・リモン(生ビールのレモンジュース割)、それとタパを1つずつ。入ってまもなく、カウンターじゃないところまで人がワラワラしてきたくらい繁盛していたお店「La Taberna del Laurel」。色々行ったけれど、このお店のタパが一番美味しかったし、タパの種類の多さにワクワクする。お勧め。

タパは揚げ物が多い


お店を出る頃にはお客がイッパイ


2件目。
お客が誰一人いなくて、まだ準備中ぽかったけれど入ったお店。ここではアタシはまた赤ワイン、ダンナも頑張って赤ワイン。それとボカディージョ(フランスパンのサンドイッチ)を2種。お店が寒かった。お店のおばさんが風邪を引いてて声が枯れていた・・。暖房付けりゃいいのに。店が開いてすぐだったからお客が居なかっただけで、その後見たらそこそこ入ってた。ここではエビや野菜がそのまま置いてあって、注文するとそれを焼いてくれるらしかった。

ドアが開け放たれて店内は寒い・・


3件目。
ぶっきらぼうな妊婦の奥さんがカウンター内で注文を取っていたお店。そこではアタシが赤ワイン、ダンナはちょっと酔ってきたので、飲まずにボカディージョ。
ここで、Mosto(モスト)というブドウから作られたジュースがあることを知る。

このお店も常連さんみたいなお客でイッパイ


4件目。
プルペリア(蛸屋)へ。そこではアタシはカーニャ、ダンナは前のお店で知ったモストを注文。それともちろん蛸のタパを2種。あとは自家製のCaldo(カルド)。自家製のクリアスープです。蛸も美味しかったけれど、カルドがすごい美味しかったー!

プルペリアの看板


たこたこ!!


5件目。
そろそろ酔いも廻ってきたけれど、まだまだ赤ワインを飲む。ダンナはまたモスト。それとサンドイッチ。ただのツナサンドだった・・。お店はまたドアが開けっ放しで寒かった。

おっと、写真撮る前にワインに手が・・


6件目。最後。
もうさすがに赤ワインは飲めなかったので、カーニャに変更。相当酔ってきてます。ダンナはまたモスト。お気に入りの様子。

味も忘れちゃったな~アハハ


数人いる店員さんは全員赤シャツをお召しになる


6件(カフェ合わせて7件)廻って約2時間。アタシったら、やっぱりみんなに言われるように、飲むペースが早いらしい。食事はそんなに早くないんだけれど、冷たい物食べたり飲んだりするのは、ダンナより早いのです・・(アイス食べるペースがやたら早い)。だから酔うペースも人より早いのだ。

最高のバル巡りで締めた結婚記念日。個人的にサイコーーーーー!!でした!ワインはどれ飲んでも美味しいし。また行きたい!ほんっとバル巡りって楽しい。お酒に弱いダンナも「また行きたい!」と言ってくれてるので、次行くのが楽しみだー!

翌日はラウレル通りにあるボデガ(ここではワイン屋)に行って、無ラベルのラリオハワイン半ダース購入。ウフフ。

*スペイン語一口メモ*
ミイラ → (la) momia(モミア)
スポンサーサイト
 編集に必要
  管理者だけに投稿

TrackBackURL
→http://sekaiwideblog.blog21.fc2.com/tb.php/91-6eb46c7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。